日本ピープルソフト、人材管理アプリケーションの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ピープルソフト、人材管理アプリケーションの新版を発売


掲載日:2005/07/20


News

 日本ピープルソフト株式会社は、人材管理アプリケーションの新バージョン「PeopleSoft Enterpriseヒューマンキャピタルマネジメント8.9」(PeopleSoft HCM 8.9)日本語版を、発売した。

 「PeopleSoft HCM 8.9」は、正社員/非正規社員に関わらず人材を包括的に管理できるデータ構造“個人モデル”を提供する。同一人物の雇用形態の変更にもシームレスに対応し、人材の一元管理が可能となっている。また、日本固有の異動要件に対応し、新組織立案、異動案作成、複数の異動案の比較/検討という一連のプロセスをサポートし、異動案確定後に新人事配置をシステムに反映させることができる。

 人材評価アプリケーション「ePerformance」の新バージョンでは、マトリックス組織などのさまざまな評価者と被評価者の形態に対応した評価フレームワークや、従業員主導型の評価プロセス、従業員と管理者がコラボレーティブに評価項目を設定可能な環境、360度評価など複数人による評価プロセスなどの機能を拡張している。応募者と採用担当者の効率的な活動を支援する製品群「タレント獲得管理」では、コンタクト管理ツールや検索機能、さまざまな設定オプションを搭載したほか、応募者は同一企業での複数の募集情報の検索や応募を単一のインターフェースから行なうことができる。

 給与計算を行なう「グローバルペイロール」製品では、グループ企業での統合的管理機能を強化したほか、企業負担分の計算オプションの追加や各種管理レポート機能を強化し、一連の社会保険/労働保険業務の効率化が可能となっている。人事戦略分析アプリケーション群「ワークフォースアナリティクス」では、4つの用途別データマート(ワークフォースプロファイルマート/採用管理/育成/報酬)を用意したほか、スコアカード製品の拡張機能として、各個人が全体組織戦略に対する自分の貢献を見ることができる“個人スコアカード”や、ノンテクニカルユーザー向けに見たいKPI(主要業績評価指標)を選択してビジュアル化できる“KPIダッシュボード”を提供している。


出荷日・発売日 2005年7月19日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】 将来の人材確保に備えて知っておきたい、世代ごとの働き方と企業の対応 【SAPジャパン】 旧来の人材マネジメントプロセスをアップデートし、ビジネスを成功に導くには? 【SAPジャパン】 人手不足・採用難に打ち勝つ“攻めの人事部”に必要な3つのポイントとは? 【SAPジャパン】 従業員の納得感を得つつビジネスに好影響をもたらす人事評価のカギとは? 【SAPジャパン】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。
ユーザーニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。
将来の人材確保に備えて知っておきたい、世代ごとの働き方と企業の対応 旧来の人材マネジメントプロセスをアップデートし、ビジネスを成功に導くには? 人手不足・採用難に打ち勝つ“攻めの人事部”に必要な3つのポイントとは? 従業員の納得感を得つつビジネスに好影響をもたらす人事評価のカギとは?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011303


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ