マイクロソフト、WindowsやOfficeの更新プログラムを一括提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロソフト、WindowsやOfficeの更新プログラムを一括提供


掲載日:2005/07/15


News

 マイクロソフト株式会社は、WindowsやOfficeの更新プログラムを一括提供するサービス「Microsoft Update」の提供を、開始した。

 「Microsoft Update」は、同社の複数製品の更新プログラムを、単一のWebサイトとユーザーインターフェースを通じて一括提供するサービス。自動更新機能を利用することで、複数製品の優先度の高い更新プログラムを自動でダウンロード/インストールすることができる。その他の更新プログラムは、従来同様ユーザーが任意で選択してインストールする。これにより、PCのパフォーマンスや機能を強化する最新のドライバや更新プログラムを一括して入手することができる。

 同サービスを利用可能なプラットフォームは、Windows 2000ファミリ(Datacenter Editionを除く)/Windows XPファミリ/Windows Server 2003ファミリとなっている。また、同サービスで更新プログラムを提供する製品は、これらのプラットフォームに加え、Office XP/2003、Exchange 2000 Server/Exchange Server 2003、SQL Server 2000 SP4となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Windows」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows」関連情報をランダムに表示しています。

「Windows」関連の製品

Windows Server 2012 【日本マイクロソフト】 限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】 「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル 【日本マイクロソフト】 System x3550 M5 【レノボ・ジャパン】
Windows Windows Windows Windows
●クラウド技術を搭載した、仮想化/クラウド対応の最新WindowsサーバーOS。
●「Windows Server 2008 R2」をベースに、180以上に及ぶ機能強化を果たしている。
ハイエンドな3DCG制作で、舞台裏を支えるITインフラの正体 「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル あらゆるワークロードを加速するパフォーマンス、信頼性、及び、セキュリティを備えた、強力でコンパクトな2ソケットの1Uラック・サーバ。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011273


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ