日本StorageTek、SATAドライブを採用したディスク製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本StorageTek、SATAドライブを採用したディスク製品を出荷


掲載日:2005/07/15


News

 日本ストレージ・テクノロジー株式会社は、SATAディスクドライブを採用したディスク製品「FlexLine 600」シリーズを、7月25日より出荷する。価格は、「FLX640ディスク・システム」の最小構成で807万円(3TB)からとなっている。

 「FlexLine 600」シリーズは、中規模クラス向けのコントローラー「FLX640ディスク・システム」、大規模クラス向けのコントローラー「FLX680ディスク・システム」、ブレードからなる「FLC600ディスク・アレイ」で構成されている。SATAディスクドライブの特性に対応した新設計のコントローラーを採用している。クラスタでデータを管理することにより、エラーが発生した場合でも正常セクタはそのまま残し、不良セクタのみを再構成する。再構成中にエラーがあった場合も、同クラスタ内でない限り正常に完了する。

 容量は3TBから最大58TBへと拡張することができるほか、最大毎秒630MBで1時間に2TB以上のバックアップが可能となっている。読み込み速度も最大毎秒780MBとなっているほか、再構成の時間も従来と較べて約50%程度短縮することができる。コントローラーやインターフェース、ファン、電源供給などを二重化し、故障時は無停止での交換が可能なほか、RAID 6のサポートを8月下旬に予定しており、同一RAIDグループ内で同時に2つのドライブ障害が発生した場合も、データを保持することができる。また、1枚のブレード基盤に2個のSATAディスクドライブを組み込むブレード設計により、高い構造密度を実現している。


出荷日・発売日 2005年7月25日 出荷
価格 8,070,000円(3TB)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 小松製作所事例:バックアップ見直しで伝送量85%削減と業務軽減も実現 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011271


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ