日立、セキュリティチップを搭載可能なA4ノートPCなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、セキュリティチップを搭載可能なA4ノートPCなどを出荷


掲載日:2005/07/15


News

 株式会社日立製作所は、セキュリティチップを搭載可能なA4オールインワンノートPC「FLORA 270W(NB8)」や操作性に優れたデザインに一新した省スペーススリムPC「FLORA 330W(DG8)」、液晶ディスプレイ「SelecTop」の19インチSXGA(1280×1024ドット)モデルなど、企業向け「FLORA」シリーズの新モデルを、7月15日より順次出荷する。

 「FLORA 270W(NB8)」は、“TPM”(標準化セキュリティチップ仕様Ver1.1b)を採用したセキュリティチップをカスタムメイドで搭載可能なA4オールインワンノートPC。セキュリティチップを用いることで、データは暗号化してハードディスクに、暗号鍵はセキュリティチップに保存される。他のハードウエアやOSから独立したセキュリティチップ内でセキュリティ機能の実行やデータ保護を行なうため、外部からの不正アクセスなどに強く、安全性の高いデータ保護とアクセス管理を実現することができる。また、DVD-RAMや、9種類のメディアに対応したスーパーマルチドライブ、DVD-ROM&CD-R/RWドライブ、CD-ROMドライブをカスタムメイドで選択可能なほか、Pentium Mプロセッサ740またはCeleron Mプロセッサ360Jを搭載している。

 「FLORA 330W(DG8)」は、光学ドライブやフロッピーディスクにアクセスしやすい、フロントカバーのない本体にデザインを一新した省スペーススリムPC。背面のネジを指で回すだけで、ドライバーなどの工具を使わずに本体の開閉が可能となっている。これにより、メモリーボードや拡張ボードなどを容易に増設することができる。“HTテクノロジ”Pentium 4プロセッサ3.40E/3.20E/3E GHzを搭載している。インターフェースにロープロファイルスロットを1スロット、PCIスロットを2スロット、5.25インチベイ/3.5インチベイを1スロットずつ搭載している。

 さらに両製品とも、「Microsoft Office Standard Edition 2003」および「Microsoft Office Professional Edition 2003」をプリインストールして提供する「マイクロソフトオープンライセンスエクスプレス」に対応している。資産管理/配布管理ソフトウエア「JP1/NETM/DM Client FLORA Edition」を標準装備し、資産情報やシステム状態監視、アラート通知を一元管理できる“ローカルシステムビューア”機能が提供される。管理者PCからネットワーク上のクライアントPCに対して、ソフトウエアやBIOSをリモート配布する“ソフトウェア配布”機能も備えている。

 なお同社は、省スペーススリムPC「FLORA 330W(DG7)」およびスリムタワーPC「FLORA 350W(DE8)」に、Celeron Dプロセッサ330およびCeleron Dプロセッサ331を搭載したエントリーモデルをラインアップしたほか、現行の「FLORA 200W/300W」シリーズについて、最大19%の価格改定も、実施した。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011258


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ