アドバンスト・メディア、携帯電話コンテンツ向け音声認識を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドバンスト・メディア、携帯電話コンテンツ向け音声認識を開始


掲載日:2005/07/13


News

 株式会社アドバンスト・メディアは、携帯電話コンテンツに音声認識機能を付与できるサービス「AmiVoice DSR for Mobile Contents」を、開始する。

 「AmiVoice DSR for Mobile Contents」は、音声認識機能のASPサービスで、同社が運用する「AmiVoice DSR Server」をコンテンツプロバイダが利用するサービス。コンテンツプロバイダは、「AmiVoice DSR Client」を組み込んだクライアントアプリを作成するだけで、エンドユーザーに対して音声認識機能を利用したコンテンツ提供が可能となる。

 「AmiVoice DSR」は、携帯端末に同社が開発した「AmiVoice DSR Client」、サーバー側に「AmiVoice DSR Server」を実装して分散処理を行なうことで、携帯電話に負担をかけずに、高精度大規模語彙の音声認識を実現するシステム。音声そのものではなく、約1/30に圧縮された声の特徴データのみを送信する。特徴データはコンパクトで、8kbps程度の通信速度でも、ほぼリアルタイムに音声認識を行なうことができる。データ通信時はTCP/IPを使用するため、従来の通話を使った音声認識と異なり、データ紛失などによる音質の劣化などが発生せず、高精度の音声認識が可能となっている。

 「AmiVoice DSR for Mobile Contents」を利用したコンテンツを作成することで、携帯電話に向かって話すだけで、住所/駅名/ランドマークなどをコンテンツに入力することができる。また、コンテンツプロバイダによるサーバーの設置/運用は不要なほか、課金については、エンドユーザーに同社が直接課金せず、コンテンツ/サービスを提供するコンテンツプロバイダが定額の利用料を負担する。なお、クライアント携帯電話の対応機種は「FOMA M1000」と「Vodafone 702NK」で、順次拡充予定となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011226


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ