日立、ディスクアレイサブシステム「SANRISE」の中位機種を拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、ディスクアレイサブシステム「SANRISE」の中位機種を拡充


掲載日:2005/07/13


News

 株式会社日立製作所は、総合ストレージソリューション「DLCM(Data Life Cycle Management)ソリューション」を支えるディスクアレイサブシステム「SANRISE」シリーズのミッドレンジクラスのラインアップを拡充し、7月12日より順次出荷する。

 今回出荷されるのは、ディスクアレイディスクアレイによる仮想化機能を実現したバーチャリゼーションコントローラ/アレイ「SANRISE Network Storage Controller NSC55」、現行のミッドレンジアレイ「SANRISE9500V」シリーズの後継機「SANRISE Adaptable Modular Storage(SANRISE AMS)500」と「SANRISE AMS200」、大容量/低ビットコストのSATAディスクドライブを採用したニアライン/ローコストアレイ「SANRISE Workgroup Modular Storage(SANRISE WMS)100」の全4モデル。なお、ストレージ管理ソフトウエア「JP1/HiCommand」シリーズが、これらミッドレンジクラスの新モデルラインアップをフルサポートする。

 「SANRISE NSC55」は、ミッドレンジクラスのディスクアレイ(外部ストレージ)を接続し、エンタープライズバーチャリゼーションアレイ「SANRISE Universal Storage Platform」(SANRISE USP)で実現した仮想化技術を活かした機能を提供する。これにより、外部ストレージを仮想的に1台のストレージとして最大16ペタバイトまで統合管理することができる。また、データの利用価値に合ったストレージリソースへ、高速かつ安全に保存/移行することも可能となる。

 さらに、サーバーの業務処理への影響を抑えながら、遠隔地へデータをコピーする災害対策や、業務毎にリソースの仮想分割/割当て、各業務の性能干渉を抑えるストレージ統合なども可能となる。「SANRISE USP」よりも設置面積を約2割削減した19インチラックを使用したことにより、コントローラと最大120台のディスクドライブ(ディスク容量34.5TB)を搭載できるほか、ディスクドライブの代わりにミッドレンジ、ニアライン/ローコストの各種ディスクアレイやファイバーチャネルスイッチなどのストレージ関連機器を混在搭載することも可能となる。コントローラには、ファイバーチャネルインターフェースとNASブレードを内蔵することができる。

 「SANRISE AMS500」は、従来の2倍の速度に当たる4Gbpsのファイバーチャネルインターフェースに対応するほか、ハードウエア内部のデータ転送能力を従来に比べ約2倍に高め、データの読み出し速度を最大2倍まで高速化している。「SANRISE AMS200」は、搭載可能なディスクドライブの数を従来の約8倍である105台に増やし、最大キャッシュ容量も従来の2倍の最大4GBに拡張している。両モデルともデータ量の増加に柔軟に対応することができる。また、キャッシュメモリーを業務毎に分割して割り当てるキャッシュパーティション機能により、共存している複数の業務データへのアクセスの干渉を抑えることができる。さらに、ディスクボリュームの複雑な設定を従来の3分の1程度の操作で可能にするウィザードツールにより、容量増設や構成変更などの作業を簡便化することができる。

 「SANRISE WMS100」は、大容量/低ビットコストのSATAディスクドライブを採用したニアライン/ローコストアレイで、最大41.3TBまでの容量に対応している。書き込み時のデータの読み返しチェックといった高信頼化技術に加え、2台のディスクドライブが障害になった場合もデータを回復可能なRAID 6技術もサポートし、高信頼なデータ保存を可能にする。また、ハードウエアによるデータ改ざん防止機能も装備し、不正なデータの削除や改ざんからデータを保護することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011222


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ