日本HP、ハイエントリーストレージ製品「XP10000」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ハイエントリーストレージ製品「XP10000」を発売


掲載日:2005/07/13


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、「HP StorageWorks XP」ファミリの新モデル「HP StorageWorks XP10000」を、発売した。

 「XP StorageWorks XP10000」は、「XP」ファミリの最上位機種「XP12000」のアーキテクチャ/機能/さまざまな接続プラットフォームを維持しながら、拡張性を抑えて優れたコストパフォーマンスを実現したハイエントリー(ハイエンド製品のエントリーモデル)のストレージ製品。通常のラックと同じサイズの標準規格キャビネットを採用した本体に、最大69TBの物理ストレージを搭載することができる。高性能な制御プロセッサにより、従来モデル「XP128」と比べて2〜4倍の性能を実現している。

 また、「XP12000」と同様に“外部拡張ストレージ機能”に対応しているため、容量単価の安い他のディスクアレイや既存のハイエンドディスクアレイと連携して運用可能となっている。そのため、適したデータ配置によりコストを最適化するILM(情報ライフサイクル管理)の中核となるプラットフォームを提供している。さらに、故障発生時でも完全二重化設計により、システムの稼働に影響を与えないほか、稼働状態のまま各部品の交換や増設、ファームウエアのアップグレードが可能となっている。

 なお今回、「HP StorageWorks XP」ファミリは、Itanium搭載の「HP Integrity NonStopサーバ」にも接続可能となり、同社が発売する全てのカテゴリのサーバーとの接続性が確立された。マルチOSに対応したさまざまなサーバーへの接続性により、多様なプラットフォームを抱える企業システムのデータを単一のXPストレージに集約し、シンプルなストレージ統合を実現することができる。メインフレーム接続ソリューションの強化や、容量ベースの販売による導入支援プログラムの強化も実施している。


出荷日・発売日 2005年7月11日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011217


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ