事例:商船三井ロジスティクスが中国でマンハッタンのSCMを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:商船三井ロジスティクスが中国でマンハッタンのSCMを採用


掲載日:2005/07/13


News

 マンハッタン・アソシエイツ株式会社は、商船三井ロジスティクス中国現地法人が、マンハッタン・アソシエイツの倉庫/物流センター管理システムを採用し、同システムが江蘇省張家港の物流センターで稼働を開始したと、発表した。

 商船三井ロジスティクス(中国)は、総合輸送サービスを提供する株式会社商船三井の子会社で、中国の海外貿易における占めるシェアを増している。基本的なコンテナ輸送および非コンテナ輸送サービスに加え、中国でのロジスティクスやサプライチェーン・マネジメントを求める顧客ニーズに対応するため、原材料および完成品を保管する倉庫を張家港に建設した。顧客満足度を向上させる際に保管量の多い期間のスペース利用率が常に問題となるため、商船三井ロジスティクス(中国)は、保管効率を最適化するソリューションを探していた。また、品質管理の目的で情報を正確に追跡管理し、出荷準備ができていない商品を誤って倉庫から発送することを防ぐソリューションを必要としていた。必要に応じて、袋またはコンテナの正確なロケーションを迅速に照会する機能も求められていた。

 国内外のロジスティクスソリューションプロバイダにアプローチした結果、マンハッタン・アソシエイツの倉庫/物流センター管理システムを採用した。今回、実績のあるサプライチェーンソリューションを提供しているということに加え、商船三井ロジスティクス(中国)の業務と世界への事業展開をサポートできるグローバル展開と業界経験が豊富という理由により、同システムが採用された。.NETベースの同ソリューションにより、入出庫や棚入先自動計算、在庫、ウェーブ管理機能が提供され、保管スペース最適化、ロット番号、製造年月日、袋およびコンテナ番号による在庫管理、保管商品の状況と特定のオーダー要件に基づく在庫の自動引当が可能となる。

 マンハッタン・アソシエイツのソリューションの設定は柔軟性が高く、導入が容易なため、プロジェクト開始から本番稼働まで3ヵ月以内で完了することができる。同社のグローバル展開、現地ビジネスに関する知識と専門技術により、商船三井ロジスティクス(中国)は、地域全体での事業展開をサポートすることが可能となった。さらに、ソフトウエアソリューションに加え、24時間年中無休の顧客サポートホットラインをリアルタイムに提供するサービスを含む、包括的なアフターセールスサービスも提供される。マンハッタン・アソシエイツのエクストラネットを通して、同社ソリューションと重要な情報に関して最新情報を入手することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】 在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】
SCM SCM SCM
入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。 多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011209


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ