プロサイド、Opteron搭載のEDA向けワークステーションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プロサイド、Opteron搭載のEDA向けワークステーションを出荷


掲載日:2005/07/13


News

 プロサイド株式会社は、EDAマーケットに向けて専用設計されたエンジニアリングワークステーション「AEW216」シリーズを、7月下旬より出荷する。今回出荷されるのは、デスクトップ/ラックコンバーチブルモデル「AEW216C4」と、1Uラックマウントモデル「AEW216R1-SC」の2モデル。

 EDAはElectronic Design Automationの略で、コンピュータ支援による超大規模半導体や電子機器などの設計をコンピュータ内でシュミレートして完成を早めるための知的ソフトウエア、またはその設計に用いるツールを指す総称。「AEW216」シリーズは、EDAツールの効率的な運用を目的とし、ユーザーニーズから生まれたエンジニアリングワークステーション。最大64GBのメモリーが搭載可能で、64ビットOpteronプロセッサを2個搭載している。デュアルコア対応Opteronプロセッサも選択可能で、4Wayのワークステーションへの拡張も実現することができる。EDA業務では長時間かつ高負荷環境下での作業が中心となるため、メモリーのバリデーション(適応検証)を徹底し、国内の工場でエージングおよび出荷検査を実施している。

 「AEW216C4」は、タワー型にも4Uラックマウントにも変更できるEDAエンジニアリングワークステーション。デュアルコア対応CPUを2つ搭載することで、4Wayへの拡張も可能となっている。ユーザーのデスクサイドで使用されることを想定し、デスクトップPCと同等のコンパクト設計となっている。また、冷却ファンの回転数を自動制御するなどして、システム動作音の軽減も実現している。

 「AEW216R1-SC」は、サーバールームなどに設置し遠隔操作で運用されることを想定した1Uラックタイプワークステーション。4WayのCPU、64GBメモリー、4台のハードディスクまでの拡張システムを想定している。RAIDディスクの装備やリモート監視機能(予定)によるシステム健康状態の把握など、サーバーと同等の可用性向上機能を装備している。


出荷日・発売日 2005年7月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011208


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ