インフォセック、セキュリティ監視付きFW運用管理サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォセック、セキュリティ監視付きFW運用管理サービスを提供


掲載日:2005/07/11


News

 株式会社インフォセックは、中規模ユーザー向けのセキュリティ監視付きファイアウオール運用管理サービス「Firewall24+」の提供を、開始した。価格は、オープン価格となっている。

 「Firewall24+」は、ファイアウオール運用管理サービスに、セキュリティ監視とセキュリティ関連情報の提供を追加したサービス。サービス対象機器は、「Juniper Networks NetScreen 5シリーズ/25/50」となっている。運用管理サービスでは、ファイアウオール(ACL)設定変更、OSのバージョンアップ/パッチの適用、月次サマリー(トラフィック)レポート、機器設定情報の管理、ファイアウオールとインターフェースの死活監視、機器障害発生時の電子メールによる通知、専用Webポータルからの時間帯別帯域/アクセス数などのレポートが提供される。

 セキュリティ監視サービスでは、ユーザーのネットワーク内部でのワーム感染や、内部からの不審な通信、外部からの異常な通信を検知し、対策情報と共に自動通報する。また、専用Webポータルで、日時/月次でインシデント発生状況をレポートする。さらにセキュリティ情報提供として、ユーザーが事前に登録したOS/アプリケーション/バージョン情報をもとに、関係するセキュリティ情報全般を随時/月次で提供する。これらにより、ウイルスやワーム、許可されていない外部との通信などの不正なアクセスを防ぐことができ、企業内部からの情報漏洩も防止することが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju Service Manager 【野村総合研究所】 インフラ統合に必要な「自動化と集中管理」の手法 【日本アイ・ビー・エム】 Senju Operation Conductor 【野村総合研究所】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。 複雑なインフラ環境の「選択と集中」――統合の手法と概念を解く 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。6つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 管理者を運用ツールの維持管理から解放するクラウドサービス。NRIの運用ノウハウが結集したSenju Familyベースの運用基盤でAWS運用テンプレートを使用し短期間で運用開始。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011180


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ