富士ゼロックス、複合機と基幹系の連携ソフト開発キット等を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、複合機と基幹系の連携ソフト開発キット等を発売


掲載日:2005/07/08


News

 富士ゼロックス株式会社は、デジタル複合機をベースにした情報システム「ApeosPort」シリーズ向けのソフトウエア開発キットを、「Apeos IntegrationPlus 1.1」にバージョンアップする。また、「ApeosPort」に搭載されたWebブラウザからWebアプリケーションへアクセスする仕様を開示したオプション「Web Browser Option for Apeos IntegrationPlus」も、発売した。

 前バージョンの「Apeos IntegrationPlus 1.0」では、「ApeosPort」シリーズとの連携ソフトを設計/開発するためのアーキテクチャ解説とアプリケーションサンプルを提供していた。今回の新バージョンでは、外部アクセスの仕様も開示し、Webサービスによる連携ソフト開発を容易に行なうことができる。これにより、複合機からPCを使わず直接基幹システムと連携することが可能となり、基幹システムにカスタマイズされた複合機の操作パネルからアクセス可能となる。

 「Web Option for Apeos IntegrationPlus」は、「ApeosPort」シリーズに搭載されたWebブラウザの外部仕様を開示し、ユーザーインターフェースデザインなどの解説やアプリケーションサンプルを提供するソフトウエア開発キット。「ApeosPort」シリーズでは、大型カラー操作パネルに表示できるWebブラウザ画面を利用して、スキャンした紙文書をWeb上の指定したフォルダに格納する機能や、格納されている文書を選択して「ApeosPort」から印刷する機能を実現している。同キットにより、PCの無い場所での活用を対象とした連携アプリケーションの開発が可能となる。

 なお価格は、「Apeos IntegrationPlus 1.1サポートパック(6ヵ月)」が21万9800円、「Apeos IntegrationPlus 1.1サポートパック(12ヵ月)」が39万9800円、「Web Browser Option for Apeos IntegrationPlus」が10万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011143


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ