ライフボート、USB鍵等を追加した個人情報漏えい防止製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ライフボート、USB鍵等を追加した個人情報漏えい防止製品を発売


掲載日:2005/07/07


News

 株式会社ライフボートは、株式会社エスコンピュータと共同開発した個人情報漏えい防止ツール「USB HardLocker」に、鍵専用USB機器「ROCKEY2」および「USB HardLocker」専用のバックアップツール「USB HardLockerバックアップ」を追加した「USB HardLocker Plus」を、7月29日より発売する。価格は、1万2000円となっている。

 「USB HardLocker」は、さまざまなUSB機器をハードウエア鍵として利用することにより、クライアントPCに必要なセキュリティ機能を提供する個人情報漏えい防止ツール。「ROCKEY2」は、書き込み領域のないUSB鍵で、「USB HardLockerバックアップ」は、「USB HardLocker」の秘密領域を含む設定情報のバックアップや、バックアップした設定情報のリストアを行なう製品。

 今回発売される「USB HardLocker Plus」は、USB機器により第三者にPCの操作をさせないほか、暗号化された秘密領域作成により、外部に流出させたくないデータの流出を阻止することが可能となっている。標準暗号化方式“AES”を採用している。また、USB機器とドライブレターの監視により、許可されていない外部記憶装置の使用を阻止することができるほか、接続されたUSB機器の履歴をチェックすることもできる。

 さらに、任意のUSB機器を鍵として登録でき、管理者鍵/利用者鍵、合鍵としての登録が可能となっている。鍵にするUSB機器は、同梱の「ROCKEY2」に加え、複数の追加/登録も可能となっている。


出荷日・発売日 2005年7月29日 発売
価格 12,000円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣 【伊藤忠テクノソリューションズ+他】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011137


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ