キヤノン、ファイル管理に適したフラットベッドスキャナを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、ファイル管理に適したフラットベッドスキャナを発売


掲載日:2005/07/06


News

 キヤノン販売株式会社は、フラットベッドスキャナの新製品「CanoScan 5400F」と「CanoScan LiDE 60」を、7月21日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 新製品はいずれも、作成したファイルを多様に活用できるファイリングソフトウエア「ファイル管理革命Lite」を標準で同梱している。これにより、読み取ったJPEGやPDFなどのファイルに加え、WordやExcelなど、さまざまな形式のファイルを1つのソフトウエア上で一括して管理することができる。ビューア上にファイルの内容がサムネイル表示されるため、各アプリケーションを起動せずに内容を確認することが可能となっている。ファイル名/本文テキスト/キーワードなどによる検索が可能なほか、画像編集やOCRなど他のソフトウエアとの連携により、ユーザーの用途に合わせた機能拡張も行なうことができる。

 「CanoScan 5400F」は、「CanoScan 5200F」の後継モデル。六角形状画素(ダイヤモンドピクセル)を用いた2400dpiの“Canon’s Hyper CCDIIex.”によるクリアな画像や、35mmフィルムの6コマ連続スキャンが可能な“フィルム読み取り機能”に加え、今回新たに、キヤノンの画像処理技術“FARE Level3”を搭載している。赤外光検知方式を採用した“ごみ傷除去機能”や、退色補正、粒状感低減、逆光補正の各機能を装備し、高度な画像補正を行なうことができる。

 「CanoScan LiDE 60」は、「LiDE」シリーズのスタンダードモデル。キヤノンの“LIDE技術”を採用したCIS(コンタクトイメージセンサー)を搭載しているほか、軽量でコンパクトな本体を採用し、PC本体からの電源供給による“ワンプラグスキャン”に対応している。1200dpiの解像度による高画質スキャンを行なえるほか、逆光補正やごみ傷低減などの画像補正機能を備えている。狭いスペースでも作業可能な立て置きスキャンにも対応している。

 また両機種とも、USB 2.0インターフェースの装備や、複数枚の写真/名刺などの原稿を1度にまとめて読み取り1枚ずつデータ化する“ワンパスマルチスキャン”などの機能により、スピーディーな読み取り作業が可能となっている。さらに、読み込んだ複数ページの原稿を1つのPDFファイルとして保存することができるほか、ページ追加や画像貼り合わせなどの機能を備えた“PDF作成”や、使用頻度の高いコピー/スキャン/PDF/メールの各操作が容易に行なえる、4つの“EZボタン”も搭載している。


出荷日・発売日 2005年7月21日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011120


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ