事例:NTTデータと日産、RFIDを使用した金型管理システムを開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:NTTデータと日産、RFIDを使用した金型管理システムを開発


掲載日:2005/07/06


News

 株式会社NTTデータと日産自動車株式会社は、積層型RFIDタグを使用した金型在庫管理システムを共同開発したと、発表した。日産は、エンジンやサスペンションなどの生産工場である横浜工場に同システムを導入し、金型管理精度の向上を図る。

 同システムは、金型に紐づく管理票に貼付したIDの読み取りを行なう。日産は同システムを利用し、従来は作業者の記憶や帳票により管理されていた金型の製作状況や所在、修繕履歴、使用実績などの情報を目に見える形で一元管理する。また同システムでは、管理票を重ねた状態でのタグの読み取りを可能とした“積層読み取り機能RFID”タグを採用した。これにより、金型在庫の管理精度向上と作業者への負担軽減を同時に実現した。

 日産の横浜工場では、同社がグローバルに展開する“NPW”(日産生産方式)を採用しており、今回の金型管理システムの導入により、品質やコスト、リードタイムの改善に取り組む。両社は、駆動部品の鍛造金型管理に導入した同システムの効果の実地検証を今後半年にかけて行なう。同工場の他地区や他工場への展開を視野に入れ、工程管理や自動発注機能などへの機能拡張も予定している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
国家だけのリスクではないインサイダー脅威、過去の事件集から対策を解説 デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは? 巧妙化する標的型攻撃への対策は、侵入を前提とした「多層防御」が鍵となる さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011108


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ