ロジテック、Windows Storage Server 2003搭載のBOX型NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、Windows Storage Server 2003搭載のBOX型NASを発売


掲載日:2005/07/05


News

 ロジテック株式会社は、SOHO/企業向けのBOX型NASの新製品「LHD-NAS160W」、「LHD-NAS250W」、「LHD-NAS300W」を、発売した。価格は、容量が160GBの「LHD-NAS160W」が8万9800円、250GBの「LHD-NAS250W」が9万9800円、300GBの「LHD-NAS300W」が11万円となっている。

 3モデルとも、設置場所を選ばないコンパクトな本体に、Windows Storage Server 2003を搭載したネットワークストレージ。ギガビットイーサネット(1000BASE-T)に対応したハードウエアと、Windowsクライアントとの親和性の高いNAS OSにより、ネットワークストレージとしての処理がボトルネックとなりにくいため、複数のクライアントから同時アクセスした場合でも実用的な速度を維持することができる。Windowsクライアント/Macintoshクライアント/Linuxクライアントからのアクセスが可能で、Windows Server 2003を搭載したサーバーを構築する場合と異なり、クライアントライセンスが不要なため、ライセンス購入費用は発生しない。

 また、“シャドウコピー機能”を使用することが可能で、NAS上に存在する特定ボリュームの状態を任意の時点で記録することができる。この機能により、ユーザーが削除や上書きしたファイルを短時間で復旧することができる。さらに、“分割管理(クォータ管理)機能”を搭載しているため、共有フォルダ毎に使用する容量を割り当てることが可能となっている。省電力型CPUであるVIA C3を採用し、低消費電力を実現しているほか、本体前面に、IPアドレス/サーバー名/日時/MACアドレスを表示する液晶パネルを搭載している。


出荷日・発売日 2005年6月下旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 IDC調査で見るフラッシュアレイ投資効果 選定基準はどうすべきか 【ネットアップ】 オールフラッシュストレージ導入でビジネスを成功させる基礎条件 【ネットアップ】 基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」 【ネットアップ】 SAN・NAS両方使える高性能ストレージ、低コスト運用を狙うなら? 【ネットワールド】
NAS NAS NAS NAS NAS
大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 容量当たり単価で考えない フラッシュストレージを測る真の指標 導入企業の言葉を通して知るオールフラッシュストレージ導入成果 基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」 SAN・NAS両方使える高性能ストレージ、低コスト運用を狙うなら?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011098


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ