F5、WebアプリケーションFWの日本語文字コード対応版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


F5、WebアプリケーションFWの日本語文字コード対応版を提供


掲載日:2005/07/05


News

 F5ネットワークスジャパンは、Webアプリケーションファイアウオール製品「TrafficShield」の日本語文字コード対応版の提供を、開始した。

 「TrafficShield」は、Webサーバーの前に設置され、クラッカーや悪意のある攻撃からWebアプリケーションを保護するアプライアンス製品。“正当”とみなされるトラフィックのみを許可する“ポジティブセキュリティロジック”に基づいたポリシーの設定を行ない、アプリケーションの脆弱性を狙った攻撃を防ぐことができる。ユーザーセッションのコンテキストやユーザーの入力値をチェックし、ポリシーによって定義されたもの以外を通さない、という動作が可能となっている。

 今回の日本語文字コード対応により、日本語環境での詳細なポリシーの定義が行なえるようになり、日本語文字列の入力内容についてもセキュリティチェックが可能となった。「TrafficShield」の有効なサポート契約を持つ既存ユーザーは、無償でアップグレードすることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 2017年は大規模攻撃と反復攻撃に要警戒、5分で分かるDDoS攻撃の統計と傾向 【アカマイ・テクノロジーズ】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 クラウドベースのセキュリティを実現する「7つのポイント」 【アカマイ・テクノロジーズ】 IoTデバイスが加速させる300Gbps超の大規模DDoS攻撃の実態とは? 【アカマイ・テクノロジーズ】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
マルウェア「Mirai」の脅威に要警戒 5分で分かるDDoS攻撃の傾向 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは クラウドベースのセキュリティを実現する「7つのポイント」 IoTデバイスが加速させる300Gbps超の大規模DDoS攻撃の実態とは?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011090


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ