シュピールバーグ、.NETベースの統合文書管理ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シュピールバーグ、.NETベースの統合文書管理ソフトを発売


掲載日:2005/07/04


News

 独Dieter Spielberg Document Management Systems GmbH(シュピールバーグ)は、文書管理ソリューションソフト「ScanFile」シリーズに、.NETベースの統合文書管理ソフト「File Director」を追加し、国内販売代理店を通じて発売した。価格は、203万円からとなっている。なお、販売後のサポートとネットワーク構築は、株式会社アストラが担当する。

 「File Director」は、ネットワーク対応統合文書管理ソフト「ScanFile 2003」の上位版として開発された、.NETベースのエンタープライズ向け統合文書管理ソフト。ファイリング機能に加え、限られたユーザーのみに文書を公開する“アクセス権限設定”と、全ての作業を記録する“ログ履歴管理”の両機能を備えている。これにより、文書データの盗難や改ざん、漏洩などを防ぐことができる。

 また、スタンドアロン用統合文書管理ソフト「ScanFile SBE(Small Business Edition)」も、発売された。価格は、5万5000円となっている。「ScanFile SBE」は、「ScanFile 2003」の機能を維持しながら、企業の部課単位や中小オフィス、個人ユースを対象にシンプルにまとめられている。「ScanFile SBE」で保存した文書データは「ScanFile 2003」で検索でき、「ScanFile 2003」の保存データは「File Director」システムに変換することができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 「File Director」:2,030,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 xStraContentsSuite 契約書管理モデル 【日商エレクトロニクス】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。 契約に関する文書(Excel・Word・イメージ・PDF)と情報(契約データ)を関連性に基づき一元管理する文書管理の活用基盤。契約書の作成から廃棄までワークフローで管理。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011078


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ