NTTデータ経営研究所等、マルウエアによる漏洩の防止製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ経営研究所等、マルウエアによる漏洩の防止製品を提供


掲載日:2005/06/29


News

 株式会社NTTデータ経営研究所とハミングヘッズ株式会社は共同で、未知のウイルス/ワームやトロイの木馬といったマルウエアによる情報漏洩を防止するためのソリューションコンサルティングサービスの提供を、7月より開始する。なお、セキュリティポリシーの策定やソリューション適用に関するコンサルティングをNTTデータ経営研究所が担当し、ハミングヘッズ社が、自社の情報漏洩対策ソフトであるセキュリティプラットフォームの提供とソリューション導入のサポートを行なう。

 今回提供されるサービスは、IT資産への未知の脅威に対する免疫力の強化を図ることで、マルウエアによる情報漏洩リスクの軽減を実現するもの。従来情報漏洩には、ファイアウオールとアンチウイルスソフトによる対策が採用されていた。アンチウイルスソフトは、ウイルスパターンによるウイルス検出に依存する部分が多く、未知もしくは特定の企業を狙ったマルウエアに対する情報漏洩にはほとんど無力であった。ファイアウオールは、企業内部からの通信が正規の通信であるのか、マルウエアによる不正な通信であるのかを判断することは困難であるため、内部からの情報漏洩を防ぐことはほとんど不可能であった。

 NTTデータ経営研究所では、管理者による登録が行なわれていないアプリケーションの動作を制限する機能を応用することで、これらの課題を解決するソリューションを提供する。同ソリューションでは、未登録のアプリケーションが、ファイルをメールに添付して送信/許可されていないフォルダへのファイルの移動または書き込み/外部のサイトへのファイルのアップロードなど、マルウエア特有の不審な動作を行なうことを禁止する。また、マルウエアが登録済みのアプリケーションを装った場合でも、登録済みのアプリケーションの動作を制限することで、情報漏洩のリスクを軽減することが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策 【日立ソリューションズ】 未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 【日立ソリューションズ】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策 未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011018


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ