CSE、NSI Software社の高速データレプリケーションソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSE、NSI Software社の高速データレプリケーションソフトを発売


掲載日:2005/06/29


News

 株式会社シー・エス・イーは、米NSI Software,Inc.と販売代理店契約を締結し、高速データレプリケーションソフト「Double-Take」を、7月1日より発売する。

 「Double-Take」は、リアルタイムのレプリケーション(複製)により、継続的なデータ保護とアプリケーションの可用性を確保し、システム障害や災害発生時のデータ損失を抑え、短時間での復旧を可能にする継続的データ保護ソリューション。ミラーリング機能やレプリケーション機能、リストア機能、監視/フェイルオーバー機能を搭載している。

 また、ハードウエアに依存せず、ネットワークに影響を与えることなく、LAN/WANを含むさまざまなネットワーク、1台から複数台までさまざまなシステム構成に対応し、ファイル単位からフレキシブルにデータ保護を実現することができる。


出荷日・発売日 2005年7月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 【クエスト・ソフトウェア】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011004


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ