CSE、NSI Software社の高速データレプリケーションソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSE、NSI Software社の高速データレプリケーションソフトを発売


掲載日:2005/06/29


News

 株式会社シー・エス・イーは、米NSI Software,Inc.と販売代理店契約を締結し、高速データレプリケーションソフト「Double-Take」を、7月1日より発売する。

 「Double-Take」は、リアルタイムのレプリケーション(複製)により、継続的なデータ保護とアプリケーションの可用性を確保し、システム障害や災害発生時のデータ損失を抑え、短時間での復旧を可能にする継続的データ保護ソリューション。ミラーリング機能やレプリケーション機能、リストア機能、監視/フェイルオーバー機能を搭載している。

 また、ハードウエアに依存せず、ネットワークに影響を与えることなく、LAN/WANを含むさまざまなネットワーク、1台から複数台までさまざまなシステム構成に対応し、ファイル単位からフレキシブルにデータ保護を実現することができる。


出荷日・発売日 2005年7月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance 【EMCジャパン】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 急増するデータが招く可用性低下 5つの課題を解消する方法とは 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 効率的なインフラ構築に役立つ「ハイパーコンバージドインフラ」。しかし導入の際には、データ保護に関して従来とは異なる工夫が必要になる。それは何か。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 激増するデータのバックアップ 「早い・安い・便利」な解決策

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20011004


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ