ソニー、厚さ約52mmでフラットデザインのプロジェクタなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、厚さ約52mmでフラットデザインのプロジェクタなどを発売


掲載日:2005/06/29


News

 ソニーマーケティング株式会社は、厚さ約52mmのフラットデザインモデルのデータプロジェクタ「VPL-CX20」と「VPL-CS20」を、7月23日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「VPL-CX20」と「VPL-CS20」は、同社の高開口率パネルおよび薄型キーデバイスなどの新規開発により、重さ約1.9kg/幅約273mm×高さ約52mm×奥行き約210mmのコンパクトサイズながら、165Wランプで2000ルーメンの映像を再現することができる。素材にはアルミニウムボディを採用しているほか、手になじむよう丸みをおびたカーブを施し、スタイリッシュなフラットデザインを採用している。“オートフォーカス付きアドバンストインテリジェントオートセットアップ機能”により、電源を押すと、プロジェクタを使用する前に必要な設定が完了する。本体の傾きに応じて縦方向の歪み補正を行ない、フォーカスを合わせ、信号を判別して投影に適した状態に調整することができる。また、同社の回路仕様により電源を切った後、電源コードを抜いても冷却ファンが自動的に駆動するため、使用直後でも別の場所へ運ぶことができるほか、“電動ズーム/フォーカス機能”により、離れた所からもリモートコマンダーで調整可能となっている。

 なお同社は、コンパクトサイズのデータプロジェクタ「VPL-CX76」と「VPL-CX86」も、8月6日より発売する。価格は、オープン価格となっている。両モデルは、PC内の画像や資料をプロジェクタへ無線で転送する“Air Shot機能”を搭載し、RGBケーブルを使用せずに、PC内の画像や資料を投影することができる。付属の無線LANカード(本機用)とUSB無線LANモジュール(コンピュータ用)を使用して、無線プレゼンテーションが可能となっている。ネットワーク/無線の設定を行なわずに使える“シンプルモード”も搭載し、初心者でも容易に操作することができる。PCを使用せず、メモリースティックのみでプレゼンテーションを行なうこともできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010998


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ