提携:SAPと日本HP、ビジネスプロセス運用管理などで協業を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:SAPと日本HP、ビジネスプロセス運用管理などで協業を強化


掲載日:2005/06/28


News

 SAPジャパン株式会社と日本ヒューレット・パッカード株式会社は、協業関係を強化し、サービス指向のIT基盤と、そのプロセス全体にわたる運用管理を実現するため、両社製品の連携を進めると、発表した。

 今回の協業強化により両社は、サービス指向型アーキテクチャ(SOA)の実践に向け、SAPの統合アプリケーションプラットフォーム「SAP NetWeaver」と日本HPの統合運用管理製品「HP OpenView」の連携を、従来のシステム管理/監視関連に加え、ビジネスプロセス全体の運用管理まで拡大する。「SAP NetWeaver」で運用している業務プロセスのビジネスパフォーマンスと、その各ステップを実行するITインフラの状態を「HP OpenView」が相関付け、監視する。これにより、パフォーマンス劣化の要因となるITインフラを分析することが可能となり、逆にITインフラの障害時の業務プロセスへの影響を把握することもできる。

 また「HP OpenView」は、「SAP NetWeaver」などから構築される業務プロセス全体のパフォーマンスを監視し、サービスレベルと結びつけることにより、最適なサービスを提供する。新規のプロセス追加や処理順序の変更などの際には、「SAP NetWeaver」と「HP OpenView」は、ビジネスプロセスの変更に加え、新規サーバーの配備や既存サーバーの再配分などの自動化を目指す。

 これらを実現するため、両社は特別プロジェクトチームを発足させ、「mySAP Business Suite」が動作するビジネスプロセス環境下で「SAP NetWeaver」と「HP OpenView」の各種製品との連携検証を、7月より実施する。さらに、2005年中を目標に“ライトハウスプロジェクト”をスタートするほか、セミナーなどのマーケティング活動も共同で行なっていく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 必要だけど荷が重いシステム運用管理 他の企業はどうしている? 【東日本電信電話】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている? PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010988


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ