KCCS、統合ディレクトリ管理システムの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KCCS、統合ディレクトリ管理システムの新バージョンを発売


掲載日:2005/06/28


News

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、統合ディレクトリ管理システム「GreenOffice Directory」の新バージョン「Version 3」を、発売する。ライセンス料は、300ユーザーで210万円(税込)からとなっている。

 「GreenOffice Directory」は、一般的なアイデンティティマネジメントを実現するアカウントの統合管理に加え、組織変更/人事異動時においても、さまざまな企業情報システムのIDやアクセス権限を、適切かつ効率的に維持/管理する統合ディレクトリ管理システム。情報資産へのアクセス権限を「GreenOffice Directory」で集中管理し、セキュリティポリシーの徹底、維持/運用コストの削減を実現することができる。

 今回発売される「Version 3」では、セキュアで利便性の高いアカウント統合を実現するために、4つの新機能が提供されている。コーポレートガバナンスを実践するための内部統制機能として、変更履歴のトレースを実現する“監査機能”により、IDやアクセス権限を用いた不正使用の抑制を可能としている。柔軟な経路設定が可能な“ワークフロー機能”により、多様化する就業形態におけるIDやアクセス権限の効率的な運用管理を実現している。また、“ワークフロー機能”を用いた決裁履歴情報により、承認プロセスの妥当性も監査することができる。さらに、IDやアクセス権限の開始/停止の自動化を可能にした“有効期限管理機能”、パスワードの初回変更機能や入力ミスによるアカウントロックなどを実現する“パスワード管理機能”により、セキュリティレベルの向上が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 ライセンス料:2,100,000円(税込)〜/300ユーザー

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010982


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ