CSE、ワンタイムパスワードのマトリクス認証製品の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSE、ワンタイムパスワードのマトリクス認証製品の新版を出荷


掲載日:2005/06/24


News

 株式会社シー・エス・イーは、イメージとワンタイムパスワードのコラボレート技術により、ブラウザのみでセキュアな本人認証を実現するマトリクス認証製品「SECUREMATRIX」の新バージョン「Version 3.0」を、8月1日より出荷する。

 「SECUREMATRIX」は、人が頭の中に想い描くイメージとワンタイムパスワードを融合した認証方式“マトリクス認証”を採用した本人認証システム。イメージパスワードは各個人毎にマトリクス表の中から、好きな位置と選ぶ順番によってイメージを生成する。マトリクス表の数字は毎回変わるため、使い捨てのワンタイムパスワードを実現し従来の固定パスワード方式に比べ安全性が向上している。PCに加え、PDAや携帯電話などWebブラウザを搭載した情報機器があれば、さまざまな環境からアクセス可能となっている。専用機器/専用ソフトウエアが不要のため、運用管理にかかる負荷やコストを軽減でき、VPN機器やWebアプリケーションソフトなどのさまざまなシステムとのシングルサインオン連携により、利便性とセキュリティを両立することができる。

 「SECUREMATRIX Ver 3.0」は、クラスタリング機能やキーロガー対策機能を搭載しているほか、ActiveXに対応しているため、JVM非搭載端末でも利用することができる。簡易ログイン画面を採用し、低速回線におけるレスポンスが向上しているほか、マルチRADIUSクライアントやマルチRADIUSアトリビュート、マルチGSBに対応している。また、認証APIや管理機能APIも提供している。なお同社は、キャリア/サービスプロバイダ向け「SECUREMATRIX Authentication Provider Edition」も、「Ver 3.0」へバージョンアップを行ない、8月1日より出荷する。


出荷日・発売日 2005年8月1日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 電子証明書発行サービス Entrust Cloud 【エントラストジャパン】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 PKIの提唱者であり、政府機関などに多くの採用実績を誇るEntrustによる電子証明書発行サービス。多彩なラインナップと、運用管理を効率化する各種サービスを提供。 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010957


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ