事例:千葉工大、非接触手のひら静脈認証と多機能ICカードを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:千葉工大、非接触手のひら静脈認証と多機能ICカードを導入


掲載日:2005/06/24


News

 富士通株式会社は、千葉工業大学がキャンパス内に設置した情報キオスク端末で、“非接触型手のひら静脈認証技術”と多機能ICカードにより学生を確認し、学生情報や成績情報といった個人情報の提供を7月1日より開始すると、発表した。

 千葉工業大学は、個人情報保護法の全面施行や個人情報漏洩の重大性を考慮し、学内全体で情報セキュリティの強化に努めている。迅速/安全に個人情報を提供することで、学生へのサービス向上にも取り組んでいる。今回、これらの取り組みの一つとして、“非接触型手のひら静脈認証技術”と多機能ICカードの導入を決定した。

 多機能ICカードは、学生証として配布されており、同カードに手のひら静脈のデータを取り込み、学生番号や所属学部などの情報と共に本人確認に使用する。7月1日より、学生が情報キオスク端末「KISS」(Kyoumu Interactive Support System)に学生証を挿入し、専用の読み取り装置に自分の手のひらをかざすことで、学生情報や成績情報などの個人情報を閲覧することが可能になる。また、多機能ICカードを用いたPCへのログイン、成績などの証明書を発行する自動証明書発行機の多機能ICカード対応も予定している。2006年度以降は、教職員へもサービス対象を拡大し、実習室などへの入退室管理、授業の出欠、図書の貸し出しなどの各システムへ、多機能ICカードを適用することを検討していく。

 同システムは、富士通株式会社の“非接触型手のひら静脈認証技術”と大日本印刷株式会社(DNP)の「FeliCa対応デュアルインターフェースJavaカード」を採用しており、DNPがカードを発行し、富士通がシステムを構築した。“非接触型手のひら静脈認証技術”は、手のひらの静脈パターンを非接触で読み取り、登録済みのパターンと照合することにより、本人認証を行なうもの。同技術を利用した多機能ICカードシステムは、ICカードの発行から廃止までのライフサイクルを管理するシステム「SafetyMAM」と、ICカードを利用してPCや業務アプリケーションにログインを行なうアプリケーションソフトウエア「SafetyDomain」を利用している。

 「SafetyMAM」では、発行データの生成、発行済みICカードの運用管理、失効データを他システムへ連携する機能を提供する。「SafetyDomain」は、確実な本人認証を実現するほか、ユーザーの使用目的に応じたさまざまな選択肢を持ち、利便性の高いセキュリティシステムを構築することができる。「FeliCa対応デュアルインターフェースJavaカード」は、1チップでJavaカードとFeliCaカード双方の機能を持った多機能ICカードで、非接触インターフェースによるJavaCardアプリケーションの利用など“クロスアクセス機能”を実装している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 指ハイブリッド認証 【NEC】 NeoFace Monitor 【NEC】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010944


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ