NTTデータ、フリーピッチ認識等に対応したFAX-OCRシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、フリーピッチ認識等に対応したFAX-OCRシステムを発売


掲載日:2005/06/23


News

 株式会社NTTデータは、CTI(Computer Telephony Integration)製品の総合ブランド「VOISTAGE」のラインアップに、新OCRエンジンを搭載した「FAX-OCRシステム VS-FOR03」を追加し、発売した。価格は、2回線クライアント/サーバー構成(ソフト/ハード)一式で、273万4305円(税込)からとなっている。

 「FAX-OCRシステム」は、ファックスで送られてきた帳票を自動認識し、記入されている手書き文字や活字を読み取り、データとして取り込むソリューション。データ入力の手間とミスを削減することができる。「VS-FOR03」では、OCRエンジンにグローリー工業株式会社の製品を採用している。

 フリーピッチ認識やくせ字に対応しているため、続け字や枠からはみ出した文字の認識や、さまざまな文字枠に記入された文字の読み取りが可能で、認識率が向上している。住所(約12万件)や氏名(姓8万件/名4万件)の知識辞書を使用することで、宛名などを高精度に認識することができる。住所の町域以降の域番やマンション名、郵便番号も、読み取り結果として出力する。

 また、帳票内の罫線やタイトルを認識し、タイミングマークや帳票IDのない帳票でも種類や向きを自動判別し認識する。混在した帳票を仕分せずに処理することも可能なほか、送り手側のミスによる原稿の傾きや受信サイズ、ノイズなども自動補正する。さらに、データエントリー画面は、認識結果一覧/受信画像表示/訂正各画面による3構成となっている。システム管理機能も、ユーザー/顧客/帳票/チェックマスタなどの管理を統合的に行なうことができ、メンテナンス性が向上している。


出荷日・発売日 2005年6月22日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010924


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ