OSJ、既設PCとLinuxによるシンクライアント環境構築を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OSJ、既設PCとLinuxによるシンクライアント環境構築を発売


掲載日:2005/06/22


News

 オープンソース・ジャパン株式会社は、既設のPCとLinuxを利用することで専用端末の導入を不要とし、クライアント1台あたり6000円からシンクライアント環境を構築するサービスを、発売した。

 今回発売されたサービスは、既設のPCをディスクレスとし、ネットワーク経由でLinuxサーバーにアクセスし、起動することでシンクライアント環境を実現するソリューション。サーバー/クライアント共にLinuxを採用しているほか、オフィスアプリケーションにOpenOffice.org、WebブラウザにFireFoxなど、オープンソースを活用することで、ライセンスコストが不要となっている。

 オプションとして、商用Linuxディストリビューションを選択できるほか、LinuxベースのシンクライアントからWindows 2003サーバーと接続して商用アプリケーションを利用することも可能となっている。なお、クライアントの機能やネットワーク構成などの環境調査や、サーバー構築/敷設費用を標準サービスとする場合の導入費用は、100ユーザーまで/PC 5機種までで60万円などとなっている。


出荷日・発売日 2005年6月21日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Linux」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Linux」関連情報をランダムに表示しています。

「Linux」関連の製品

IBM LinuxONE 【日本アイ・ビー・エム】 「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識 【日本アイ・ビー・エム】 アプラス事例:Linuxと高信頼ハードの“いいとこ取り”が作る信販サービスの未来 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 IBM LinuxONE 【日本アイ・ビー・エム】
Linux Linux Linux Linux
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値 「LINPACK」だけでは評価できないコグニティブ時代のHPCシステムの新常識 アプラス事例:Linuxと高信頼ハードの“いいとこ取り”が作る信販サービスの未来 基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010914


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ