提携:NECと日本BEA、RFIDによるユビキタスシステム分野で協業

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NECと日本BEA、RFIDによるユビキタスシステム分野で協業


掲載日:2005/06/17


News

 日本電気株式会社と日本BEAシステムズ株式会社は、携帯電話やRFID(無線ICタグ)などを活用したユビキタスシステム分野で協業すると、発表した。

 両社では、携帯電話を活用したチケットやクーポン、会員証などのサービスを実現するNECのモバイル電子チケット/会員証サービス基盤ソフト「LightHolder」を活用した開発を支援するため、電子チケットを発行するWebアプリケーション用のテンプレートなどのシステム部品を共同開発する。同部品は、日本BEAの開発環境「BEA WebLogic Workshop」のオプション部品として、「LightHolder」および日本BEAのアプリケーションサーバー「BEA WebLogic Server」の両製品を購入した企業に、7月より無償で提供される。また、NECのRFID管理用ミドルウエア「RFID Manager」と、日本BEAのビジネスプロセス統合基盤「BEA WebLogic Integration」の連携に関する動作検証を実施し、マーケティング活動や販売推進活動を共同で行なう。

 さらに、障害発生時の自動復旧や障害解析情報の自動採取などを可能とするNECのミドルウエア「DiosaGlobe MCOne」と日本BEAのアプリケーションサーバー「BEA WebLogic」製品群をパッケージ化し、アプリケーションサーバーの耐障害性/運用性向上を実現する新製品「MCLogic」も、出荷された。価格は、50万円からとなっている。同製品は、インストール/設定作業を容易に行なうことがき、アプリケーションサーバーの耐障害性/運用性を向上させることができる。これにより、ユビキタス環境で急増するデータやトランザクションを安定して処理可能な信頼性/運用性の高いシステムを効率的に開発することができる。

 両社は、日本BEAの検証センター「BEAソリューションセンター」に両社のミドルウエア製品やNECのマルチOS対応エンタープライズサーバー「NX7700i」などを設置し、ユーザー企業がユビキタス関連のシステム導入検討/開発時に行なう機能評価や性能評価を支援する検証サービスも、共同で提供する。これにより、ユーザー企業は自社で検証設備を保有することなく効率的にシステムを開発することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 【CA Technologies】 ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
「インサイダー脅威」の犯人は誰か? 調査で見えた意外な弱点 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションである。 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010864


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ