メディアフュージョンなど、XML DBに対応した情報システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


メディアフュージョンなど、XML DBに対応した情報システムを発売


掲載日:2005/06/16


News

 株式会社メディアフュージョンと株式会社ビズ・ロジックは、メディアフュージョンのXMLデータベース「EsTerra XML Storage Server」(EsTerra XSS)に対応した、ビズ・ロジックの次世代情報システム「Ripley2005」を、発売した。

 「EsTerra XSS」は、Well-Formed XML完全対応のデータベース。スキーマの設定がされていなくても、XMLのエレメント単位で、トランザクションを含んだDBMSとしてのデータ管理が行なわれ、エレメント単位の検索や正規表現による検索を高速に行なうことができる。XMLに限らず、さまざまなバイナリデータをXMLデータと一元的に保存/管理することが可能で、RDBなどの他のDBとも連携して1つのデータベースとして扱うことができる。

 「Ripley」は、関連する情報と情報を相互に結びつけ、情報に新たな情報を付加することで、組織内に散在している情報の再利用性を高めるシステム。情報を“思いつく分類”で整理し、後から別の情報との関連性を付加することや、コメントの書き込みが可能なため、容易に情報を体系化することができる。“クロスリンク機能”により、「Ripley」内部の全ての情報アイテム間に、相互参照のリンクを設定することができる。「Ripley」内外のさまざまな情報をWeb状に組織化することが可能となる。

 “自由ノート”により、各情報を登録/編集する際に、HTMLで自由な書式設定が可能となっている。HTMLの知識は不要で、ノート内に「Ripley」内の他の情報アイテムへのリンクやインターネットリンクを付けることや、Office文書を書式付で貼り付けることができる。また、“総合検索センター”により、「Ripley」内の全ての情報アイテム、文書ファイルの内容(本文)を対象にフリーテキストで検索を実行することも可能となっている。さらに、「Lotus Notes」などに蓄積された既存のデータを、見かけ上「Ripley」アイテムとして扱うことができるほか、「EsTerra XSS」に対応することで、情報項目をユーザーの業務形態に応じて自由に定義することも可能となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010863


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ