エプソン、30万円を切るA3対応カラーレーザー複合機などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソン、30万円を切るA3対応カラーレーザー複合機などを発売


掲載日:2005/06/16


News

 エプソン販売株式会社は、中小規模オフィスやSOHOに適したオフィリオ複合機として、A3対応機「LP-M5500/M5500F」シリーズと、A4対応機「LP-A500/A500F」を、6月17日より順次発売する。価格は、「LP-M5500」シリーズが29万8000円から、「LP-M5500F」シリーズが39万8000円から、「LP-A500/A500F」がオープン価格となっている。

 「LP-M5500」シリーズは、両面印刷対応のプリンタ/コピー両機能において、カラー10PPM/モノクロ40PPMのプリント速度ながら、30万円を切る低価格を実現したA3対応カラーレーザー複合機。プリンタ機能に加えコピー/スキャナといった機能を1台にまとめ、省スペース化で実現している。また、ネットワーク上のPCからスキャナを操作できるほか、スキャナ本体のボタン操作だけで、スキャンしたデータをネットワーク上のPCに直接保存できる“プッシュスキャン機能”、本体に接続したUSBメモリーに直接PDF形式などで保存できる“Scan to USBメモリ機能”も搭載している。「LP-M5500F」シリーズは、A4サイズのファックス送受信に対応したADF付きモデル。最高速度33.6kbpsのスーパーG3対応で、通信コストを抑える高速送受信が可能となっている。さらに、デスクトップに設置可能なA4対応デジタルカラー複合機の新製品として、プリンタ/コピーの両機能においてカラー5PPM/モノクロ25PPMのプリント速度を実現した「LP-A500」と、ファックス機能/ADF付き「LP-A500F」も用意されている。

 なお同社は、オフィリオプリンタの新製品として、“2Way給紙”標準装備のA3対応カラーレーザープリンタ「LP-S5500」も、6月27日より発売する。価格は、16万8000円となっている。「LP-S5500」は、「置き楽プリンタ」のコンセプトである小型/省スペース性を継承し、“2Way給紙”をデスクトップサイズで実現している。用紙トレイからの手差し給紙にも標準対応しているほか、操作パネルにはバックライト付きワイド液晶パネルを採用し、ネットワークインターフェースも標準装備している。印刷スピードは、カラー10PPM/モノクロ40PPMを実現しているほか、両面印刷機能も標準搭載し、両面印刷時のプリントスピードは、片面印刷時と同等となっている。また、カラートナー切れの場合、本体からカラートナーを抜くだけでモノクロレーザーとして使用可能で、その後にカラートナーを装着すれば再びカラープリンタとして利用することができる。さらに、消耗品の交換を通知するエラーメッセージが表示されても、交換時期を先送りできる“エコ印刷モード”も搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010846


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ