提携:日本IBMとYKK AP、IT分野で戦略的提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日本IBMとYKK AP、IT分野で戦略的提携


掲載日:2005/06/10


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社とYKK AP株式会社は、両社がIT分野に関して業務提携することで基本合意し、契約を締結したと発表した。

 YKK APは、環境問題やエネルギー問題、バリアフリー、ユニバーサルデザインへの対応、防犯などのテーマに向け、ビジネスモデルの変革を推進している。それに必要となるIT戦略を迅速に構築/推進するために、日本IBMとの提携に至った。これにより、YKK APのシステム運用/保守が日本IBMに業務委託される。YKK APと日本IBMのIT要員が、日本IBM100%出資の子会社である日本IBMインダストリアル・ソリューション株式会社に出向し、委託業務を担当する。これにより、両社のノウハウの融合による両社要員のスキルアップなどの相乗効果を図ることができ、YKK APは自社のIT部門を企画機能に集中化することが可能となる。

 YKK APは今回の提携を通じて、システム開発領域の機能強化や、運用の高品質/高効率化を図るほか、IT要員やシステムリソースを最適配置し、スピード化/コスト合理化により10年間で30億円の運用管理コスト低減を図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 Senju Service Manager 【野村総合研究所】 インフラ統合に必要な「自動化と集中管理」の手法 【日本アイ・ビー・エム】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。 複雑なインフラ環境の「選択と集中」――統合の手法と概念を解く オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
管理者を運用ツールの維持管理から解放するクラウドサービス。NRIの運用ノウハウが結集したSenju Familyベースの運用基盤でAWS運用テンプレートを使用し短期間で運用開始。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010798


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ