オートデスク、データ管理製品「Autodesk Productstream」を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オートデスク、データ管理製品「Autodesk Productstream」を出荷


掲載日:2005/06/09


News

 オートデスク株式会社は、設計/製造部門で行なわれている図面中心の管理を効率的な部品表(BOM:Bill of Materials)中心の管理へ移行させ、購買部門が手配する部品などのリリースプロセスを自動化する新製品「Autodesk Productstream」を、出荷した。

 「Autodesk Productstream」は、“Autodesk Vault機能”と“Productstream機能”という2つの機能で構成され、設計データの管理とバックアップ、設計から製造部門へのデータの受け渡しと部品手配を含めたリリース管理を効率化する製品。“Autodesk Vault機能”により、「Autodesk Inventor」や「AutoCAD Mechanical」などで設計を行なう際のデータをワークグループ内で共有でき、バージョン管理を効率化することができる。設計データを体系的にバージョン管理するほか、作業中の進行状況に応じたデータ管理が可能となる。3Dモデルや図面に加え、WordやExcelなどで作成された関連ファイルも、相互の依存関係を含めて管理することができる。

 “Productstream機能”は、設計データをアイテム化し、CADの構成情報からBOM形式で構成情報を管理することができる。設計データに変更があった場合は、アイテムを更新し、モノづくりに必要な設計データを中核にして、実際に必要なバルク材といった部品情報や数量などの情報を、設計部門以外の関連する人と共有することが可能となる。そのアイテムは、自社固有のルールに従って自動採番できるため、柔軟な対応が可能なほか、広範囲にわたってチームメンバーからのフィードバックを得ながら、変更履歴管理を行なうことができる。

 また、緻密なリビジョン(改訂)管理を行なうことも可能となる。バージョン管理機能とリビジョン管理機能を同期させることにより、リリース管理が容易になる。リリースした設計データや部品表などは自動的にロックされるため、仕掛り中の作業データと容易に区別することができる。さらに、オンラインでのデータ配布やレビュープロセスを効率化するツールであるDWF製品群や、3Dモデルや図面などを設計チーム全体がWebベースで共有/閲覧するコラボレーションツール「Autodesk Streamline」などと組み合わせることで、拡張性の高いデータ活用システムを構築することができる。

 なお「Autodesk Productstream」は、フル機能の「Productstream Creator」、参照と承認機能のみの「Productstream Reviewer」、Web用簡易閲覧機能の「Productstream Explorer」の3バージョンが用意されている。価格は、「Productstream Creator」が31万円、「Productstream Reviewer」が8万5000円、「Productstream Explorer」が5ライセンスで17万円となっている。


出荷日・発売日 2005年6月7日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010771


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ