NEC、RISCプロセッサPA-8900を搭載したUNIXサーバーなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、RISCプロセッサPA-8900を搭載したUNIXサーバーなどを出荷


掲載日:2005/06/09


News

 日本電気株式会社は、RISCプロセッサPA-8900を搭載したUNIXサーバー「NX7000」シリーズ6モデルを、7月上旬より順次出荷する。

 PA-8900プロセッサは、従来のPA-8800プロセッサの2倍となる64MBのL2キャッシュを搭載し、トランザクション性能が約10〜15%向上している。今回出荷される6モデルは、PA-8800搭載の従来機と同一バージョンのOSであるHP-UX 11i v1を採用しており、アプリケーションやデータなどの資産を継承することができる。

 また同社は、1台のサーバーによるシステムの可用性を向上するソフトウエア「SystemGlobe SingleSaver」を、6月30日より出荷する。価格は、1 CPUあたり12万円からとなっている。同製品は、従来2台以上のサーバー(クラスタ)で実現している高可用性機能の中から、1台のサーバーでも利用できる障害監視などの機能を抜き出した製品。内蔵ディスクやシステムプロセス(デーモン)の障害を早期に検出し、システム管理者にメールで通知することができる。これにより、軽微な障害の段階で対処することが可能で、重障害によるシステムダウンタイムが低減されるほか、障害対応時間も削減され、運用コストを低減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「UNIXサーバ」関連の製品

OpenStackに適したLinux基盤とは? 技術革新へ適応する12の条件 【レッドハット】
UNIXサーバ
Linux基盤選定:適切なOpenStack開発環境を作るための条件とは

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010763


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ