提携:フュージョンとスカイプ、「SKYPE」で050番号着信を実現

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:フュージョンとスカイプ、「SKYPE」で050番号着信を実現


掲載日:2005/06/08


News

 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は、スカイプテクノロジーズS.A.と、両社のIP電話サービスを連携するゲートウエイ機器の開発で技術提携することに基本合意したと、発表した。

 両社で開発するゲートウエイ機器を用いることで、スカイプ社のIP電話ソフト「SKYPE」とフュージョンのIP電話サービス「FUSION IP-Phone」を連携させることができ、「FUSION IP-Phone」ユーザーが、「SKYPE」をダウンロードしたPCで050番号のIP電話への着信を受けることが可能となる。これにより、オフィスで「FUSION IP-Phone」サービスを利用しているユーザーが外出先で「SKYPE」のソフトフォンを起動すると、同ゲートウエイ機器を介して、オフィス電話への外線や内線の着信を、指定された「SKYPE」のソフトフォンへ自動的に転送することができる。

 同ゲートウエイ機器は、フュージョンのIP電話端末として機能する。フュージョンのIP電話サービスは、1つのIP電話番号(050番号)をさまざまなネットワーク環境上の複数のIP電話端末で同時に利用することができる。これにより、同ゲートウエイ機器に通常使用するIP電話端末と同じIP電話番号などの情報を設定することで、「SKYPE」と「FUSION IP-Phone」/「FUSION IP-Centrex」とを連携させることが可能となる。なお「SKYPE」は、ピアツーピア型の無料IP電話ソフト。数分の設定で無料音声通話を容易に利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010757


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ