日立、デュアルコア方式のプロセッサを備えたUNIXサーバーを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、デュアルコア方式のプロセッサを備えたUNIXサーバーを出荷


掲載日:2005/06/08


News

 株式会社日立製作所は、ヒューレット・パッカード社の1個のチップ上に2つのプロセッサコアを搭載したデュアルコア方式の新RISCプロセッサ「PA-8900」を搭載したUNIXサーバー「HITACHI 9000Vサーバ」を、7月8日より順次出荷する。

 今回出荷される「HITACHI 9000Vサーバ」は、ハイエンドモデルの「superdome」、ミッドレンジモデルの「rp8420」と「rp7420」、ローエンドモデルの「rp4440」「rp3440」、「rp3410」の計6モデル。デュアルコア方式の新RISCプロセッサ「PA-8900」は、動作周波数の向上と大容量64MBの二次キャッシュメモリーを持つことにより、従来の「PA-8800」に比べ性能が約15%向上している。

 ハイエンドモデルの「superdome」では、RISCプロセッサ「PA-8900」とItanium 2をセルボード単位で混載できる環境を提供する。これにより、既設の「superdome」にItanium 2プロセッサを設置されている場所で追加ができ、既存の資産を活かしながら、拡張性に優れたシステムを実現することができる。

 なお価格は、「superdome」が5642万8155円、「rp8420」が3260万4600円、「rp7420」が1545万750円、「rp4440」が407万1900円、「rp3440」が223万4400円、「rp3410」が154万8750円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「UNIXサーバ」関連の製品

OpenStackに適したLinux基盤とは? 技術革新へ適応する12の条件 【レッドハット】
UNIXサーバ
OpenStackに適したLinux基盤とは? 技術革新へ適応する12の条件

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010752


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ