事例:東芝がIIJの迷惑メール対策ソリューションを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:東芝がIIJの迷惑メール対策ソリューションを採用


掲載日:2005/06/08


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、株式会社東芝に迷惑メール対策ソリューションの提供を行なったと、発表した。

 東芝では、グループネットワークにおいて数万規模のメールアカウントを管理しており、早くから大規模メールシステムにおける統一した迷惑メール対策を進めていた。IIJは、従前より東芝のグループネットワークに対し、Webアクセスにおけるセキュリティ管理を提供する「IIJ Webゲートウェイサービス」を提供していた。今回、IIJの持つ高いインターネット技術や、「IIJ Webゲートウェイサービス」における運用実績、迷惑メール対策への先進的な取り組みが評価され、迷惑メール対策ソリューションの提供となった。

 今回提供された迷惑メール対策ソリューションは、1つのメールサーバーに対し短時間に大量に流れ込むタイプの迷惑メールや明らかに不正な内容を含むメールを遮断/通信制限する「IIJエッジフィルタ」と、受信メールが迷惑メールである度合いを判定してフィルタリングする「IIJ迷惑メールフィルタ」の2種類。「IIJエッジフィルタ」は2004年12月より、「IIJ迷惑メールフィルタ」は2005年6月よりサービス提供を開始する。

 「IIJエッジフィルタ」は、IIJが開発した迷惑メール対策ソリューションで、単位時間あたりの受信数を元に大量送信型メールであると判断されるメールを遮断/通信制限する“メール流量コントロール”、IPアドレスや送信者/受信者情報の組み合わせにより特定の送信元からのメールを遮断/通信制限する“アクセス制御”、メールに添付されたファイルの拡張子から不要と判断されるファイルの受信を遮断/通信制限する“拡張子フィルタ”といった機能により、大量送信型メールをメールシステムの入口で排除する。これにより、大量のメールが一気にメールシステムへ流れ込むことによるシステムの過負荷や障害を防ぎ、メールシステムの可用性を向上させることができる。

 「IIJ迷惑メールフィルタ」は、米MX Logic社のフィルタリングエンジンを利用した迷惑メール対策ソリューション。受信メールの情報からそのメールが迷惑メールである度合いを判定してパーセンテージでスコアづけし、そのスコアを元にメールの振り分け作業を行なう。迷惑メールである可能性が高いメールは、一旦自動的に隔離し、一括で削除することが可能となるため、運用負荷を削減することができる。両サービスを組み合わせた多段構成でのフィルタリングにより、より効率良く迷惑メールを処理し、迷惑メール判定の誤検知を減らすほか、無駄な追加設備投資を防ぐことが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 製品、導入、運用が1パッケージに、今導入したい標的型攻撃対策ソリューション 【ファイア・アイ株式会社】 Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】 Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】 DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 【アカマイ・テクノロジーズ】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏えいを防止
製品、導入、運用が1パッケージに、今導入したい標的型攻撃対策ソリューション Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。 コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。 DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010749


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ