チームスタジオジャパン、Notes管理者向けツールの新版等を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チームスタジオジャパン、Notes管理者向けツールの新版等を発表


掲載日:2005/06/08


News

 チームスタジオジャパン株式会社は、Notes管理者向けツール「Teamstudio for Administratorsスイート」の新バージョン「Teamstudio for AdministratorsスイートEdition 3」を、発表した。

 「Teamstudio for Administratorsスイート」は、Notesデータベースの設計やACL設定の定期的な監査を行なう「Teamstudio Analyzer Server Edition」、Notesデータベースの設計/文書内の定期的な文字検索/置換を行なう「Teamstudio Configurator Server Edition」、Notesデータベース設計/文書内の不整合の特定とデータの管理/メンテナンスを行なう「Teamstudio Validator Server Edition」から構成されている。今回発表された新バージョンでは、「Teamstudio Analyzer Server Edition」に対する機能などが強化され、管理者向けにACL分析/資産分析/テンプレート分析/エージェント分析/複製分析を実行できるビューが追加されている。

 また同社は、データベース文書内での複製/保存時の競合問題を解決するNotes/Domino管理者向け文書管理ツール「Teamstudio Resolver」も、発表した。同製品は、主要文書と競合文書の両方に加えられた変更を踏まえ、保存すべき文書を選択することができるほか、比較選択のためにフィールド毎に変更を表示することも可能で、最新の変更を保存することができる。これにより、データの保全性を確保しながら、競合解決のための手動のプロセスを削減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010744


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ