チームスタジオジャパン、Notes管理者向けツールの新版等を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チームスタジオジャパン、Notes管理者向けツールの新版等を発表


掲載日:2005/06/08


News

 チームスタジオジャパン株式会社は、Notes管理者向けツール「Teamstudio for Administratorsスイート」の新バージョン「Teamstudio for AdministratorsスイートEdition 3」を、発表した。

 「Teamstudio for Administratorsスイート」は、Notesデータベースの設計やACL設定の定期的な監査を行なう「Teamstudio Analyzer Server Edition」、Notesデータベースの設計/文書内の定期的な文字検索/置換を行なう「Teamstudio Configurator Server Edition」、Notesデータベース設計/文書内の不整合の特定とデータの管理/メンテナンスを行なう「Teamstudio Validator Server Edition」から構成されている。今回発表された新バージョンでは、「Teamstudio Analyzer Server Edition」に対する機能などが強化され、管理者向けにACL分析/資産分析/テンプレート分析/エージェント分析/複製分析を実行できるビューが追加されている。

 また同社は、データベース文書内での複製/保存時の競合問題を解決するNotes/Domino管理者向け文書管理ツール「Teamstudio Resolver」も、発表した。同製品は、主要文書と競合文書の両方に加えられた変更を踏まえ、保存すべき文書を選択することができるほか、比較選択のためにフィールド毎に変更を表示することも可能で、最新の変更を保存することができる。これにより、データの保全性を確保しながら、競合解決のための手動のプロセスを削減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010744


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ