ネオジャパン、Webグループウエア「desknet’s」の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオジャパン、Webグループウエア「desknet’s」の新版を発売


掲載日:2005/06/08


News

 株式会社ネオジャパンは、同社のWebグループウエア「desknet’s」に30箇所以上の追加/改良を施した新バージョン「バージョン4.5」を、発売した。価格は、5ユーザーライセンスで3万9800円、無制限ユーザーライセンスで99万8000円となっている。

 今回のバージョンアップでは、セキュリティの強化、運用管理の利便性向上、検索/整理の簡素化、データ共有機能の向上など、利用ユーザーの利便性に加え、運用管理者も手間と負担を軽減できる仕様となっている。セキュリティ強化では、添付ファイルを利用できる各機能共通で、添付ファイルを開く際に、“すぐに開く”、“一旦保存する”の選択確認画面を表示する仕様に変更されたほか、メールの送信時にユーザー認証することでメールの送信許可を行なう“SMTP Auth”に対応している。ユーザーがログイン時に使用するパスワードに関して、“有効期間はあと何日”という通知を各ユーザーのトップ画面に自動発信する機能も追加した。

 運用管理の利便性向上では、“ワークフロー”、“回覧板”、“アンケート”、“レポート提出”機能において、既存の書式を複写してから新規に作成できる機能を追加したほか、“スケジュール”機能において、カレンダー上の予定の頭に付けることができるアイコンの追加/変更/削除が可能となった。“ウェブメール”の管理者機能では、設定ディスク使用率の表示、メール保存期間の設定、サーバー付加の抑制機能が追加されたほか、管理者設定で、データを誤って削除しないように削除確認画面を表示することもできる。

 検索/整理の簡素化では、“スケジュール”機能において、選択メンバーや利用設備の空いている時間が検索できる従来の機能に、各種諸条件による詳細な検索機能を追加したほか、空き時間をテキスト表記する機能や、カレンダーをA4サイズで印刷できる機能など、“スケジュール”機能の利便性が向上した。また“アドレス帳”機能のデータを50音順表示をツリー型に変更した。データ共有機能の向上では、“ワークフロー”機能を強化し、申請経路に合議/協議の承認グループを作れる機能を追加したほか、承認印に加え否認印も画像イメージで表記することができる。“文書管理”機能では、文書を登録/変更/削除した際に関係者に通知メールを送信する機能を追加したほか、フォルダ作成権限設定の追加や、MFP機(オフィス用複合機)との連携を実現している。


出荷日・発売日 2005年6月7日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策” 【日本マイクロソフト株式会社】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 【 日本マイクロソフト】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策” JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 「G Suite」を引き離す「Office 365」、移行を急ぐ企業が増えているのはなぜ? 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010742


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ