NEC、通信事業者等向けSIP/Webコラボレータの機能強化版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、通信事業者等向けSIP/Webコラボレータの機能強化版を出荷


掲載日:2005/06/07


News

 日本電気株式会社は、ポータルサイトやECサイトなどのWebアプリケーションと、SIPに対応したIP電話やテレビ会議などを連携したサービスを効率的に開発できるSIP/Webコラボレータの機能強化版「SIPHIA V2.1」を、通信事業者およびISP/ASP事業者に対して、7月上旬より出荷する。価格は、400万円からとなっている。

 「SIPHIA V2.1」は、Web画面に掲載されている電話番号をクリックするだけで自宅の電話機や携帯電話から電話をかけられるサービスの開発に必要な機能を強化したSIP/Webコラボレータ。電話番号に加えID/パスワードを入力することで、本人の発信電話番号を特定し、間違い電話やいたずら電話を防止する“ユーザ認証機能”や、受信者に通知する発信電話番号について、サービスの代表番号/加入者番号、番号の通知/非通知などを柔軟に設定できる“発番号制御機能”が提供される。また、1サーバーあたりの管理セッション(同時接続)数を従来の1000セッションから5000セッションに拡大しているほか、サーバー障害時に予備機を利用してセッションを引継ぐことで、サービス提供を継続できる機能を提供する。これにより、通信事業者やISP/ASP事業者のサービスに求められる容量や信頼性を実現可能となる。

 さらに、事業者が「SIPHIA V2.1」を活用して、Web画面をクリックすると電話がかけられるサービスをすぐに開始できるよう、カスタマイズが容易なサービステンプレート「SIPHIA Dialアプリケーション」も、7月上旬より出荷される。同製品は、呼び出し中に発信者に聞かせる音声や映像、Web画面に広告を取り入れることも可能となっている。なお、「SIPHIA V2.1」とNECの映像コミュニケーションソリューション「3GVirdnet」を組み合わせることで、Web画面のクリックやスケジュール、イベント発生などに応じて自動的に、ライブカメラの映像や映像コンテンツなどをテレビ電話対応の携帯電話やPCに配信するサービスを短期間で開発できる「SIPHIA SIP映像ソリューション」も、提供される。価格は、「SIPHIA Dialアプリケーション」が90万円から、「SIPHIA SIP映像ソリューション」が個別見積となっている。


出荷日・発売日 2005年7月中旬 出荷
価格 「SIPHIA V2.1」:4,000,000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010733


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ