日本コモド、中小向けの二要素認証アクセスコントロールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本コモド、中小向けの二要素認証アクセスコントロールを発売


掲載日:2005/06/07


News

 日本コモド株式会社は、中小規模Webアプリケーション向け二要素認証アクセスコントロール「Instant EPKI LITE」を、発売した。価格は、SSLサーバー証明書付きで37万2750円、SSLサーバー証明書無しで31万5000円となっている。

 「Instant EPKI LITE」は、SSLクライアント認証機能を利用する二要素認証のアクセスコントロールで、正規オペレーターが10名以下の中小規模Webアプリケーション向けソリューションとなっている。USBトークンという物理鍵とパスワードによる二要素認証を実現し、特定のハードウエア/ソフトウエアを購入する必要がないため、従来の1/10以下の価格を実現している。導入ガイド/設定サポートが付属しており、容易に導入することができる。


出荷日・発売日 2005年6月6日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

狙われ始めた「再帰DNS」 標的型攻撃から保護の効果的な導入法は? 【アカマイ・テクノロジーズ】 働き方改革も支える:パフォーマンスの向上を図るリモートアクセス問題の解消法 【アカマイ・テクノロジーズ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」 【アカマイ・テクノロジーズ】
認証 認証 認証 認証 認証
狙われ始めた「再帰DNS」 標的型攻撃から保護の効果的な導入法は? 働き方改革も支える:パフォーマンスの向上を図るリモートアクセス問題の解消法 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 DNSのセキュリティで確認すべき「5つの重要項目」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010732


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ