NTT東日本、検疫ネットワークを用いたソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東日本、検疫ネットワークを用いたソリューションを提供


掲載日:2005/06/06


News

 東日本電信電話株式会社は、クライアントPCのセキュリティ対策を強化することで、情報漏洩やウイルス被害などを未然に防止する「検疫ソリューション」を、6月6日より提供する。

 「検疫ソリューション」は、ユーザーの通信ネットワーク内にクライアントPCの接続基準をチェックするための検疫ネットワークを構成することで、通信ネットワークから不正なクライアントPCを排除するソリューション。検疫ネットワークは、VPNとパーソナルファイアウオールを動的に制御する方式により構成される。ユーザーの既存ネットワークに大きな変更を加えずに構成でき、容易に導入できるほか、LAN環境/リモートアクセス環境などさまざまな環境で同じ仕組みを導入することが可能となる。

 VPNとパーソナルファイアウオールにより、クライアントPCとその端末が行なう全ての通信を防御することができる。クライアントPCのセキュリティ状態や利用者権限に応じて端末毎に柔軟なアクセス制御設定が可能で、一時的な例外対応や急なアクセスルール変更も行なうことができる。システム運用に関する設定内容は端末のユーザーに対して秘匿となっており、ハードウエア認証されたクライアントPCからのみアクセス可能で、システムの運用ポリシーを維持していくことができる。

 メニューは、「検疫ソリューション(ベーシック)」と「検疫ソリューション(アドバンスド)」の2種類が用意されている。「ベーシック」は、クライアントPCを端末認証と利用期間によりチェックし、クリアしたPCにのみ社内ネットワークへのアクセスを許可する。「アドバンスド」は、端末認証/利用期間のチェックに加え、OSセキュリティパッチの適用状況や、ウイルス定義ファイルのバージョン、必要/不要なアプリケーションのインストール状況などをチェックする。全ての基準をクリアしたPCにのみ社内ネットワークへのアクセスを許可し、不備のあるPCにはパッチ適用やアップデートサイトへの誘導を行なう。同社は「ベーシック」を6月6日より提供し、「アドバンスド」を8月より提供する。なお価格は、「ベーシック」の1000クライアントの場合で700万円(税込)からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】
検疫
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010711


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ