フロントライン、Macintosh用のパーティション操作ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フロントライン、Macintosh用のパーティション操作ソフトを発売


掲載日:2005/06/06


News

 株式会社フロントラインは、米SubRosaSoft社のMacintosh用パーティション操作ユーティリティ「ボリュームワークス1.3」を、7月1日より発売する。価格は、パッケージ製品が1ライセンス9500円、ダウンロード版が1ライセンス6600円などとなっている。

 「ボリュームワークス1.3」は、Mac OS X 10.3/10.4(Tiger)に対応したパーティション操作ユーティリティ。ATA/SCSI/FireWire/USBディスクなど、全てのMacintosh標準対応ディスクドライブに対応している。パーティション内のデータを保持したまま、オンザフライでサイズを変更することができ、データのバックアップ/消去/パーティションの作成/リストアという手順を経ずに、パーティション構成を変更することができる。ハードディスクにインストールしての利用に加え、製品CD-ROMからの起動も可能で、Mac OS Xを含んだシステムディスクの全ての内容を維持したままサイズを変更することができる。

 任意の空き領域にパーティションを作成することや、起動システム以外の任意のパーティションを削除することも可能で、サイズ変更と組み合わせることにより、1パーティションしかないMacintoshでも複数のパーティションを作成することができる。空き領域にパーティションを移動させることも可能で、ディスクを無駄なく利用することができる。パーティションマップの再構築も可能で、認識できない領域ができた場合などに修復することができる。他人に使わせる場合や、顧客へのデモに使用する場合など、一時的に見せたくないパーティションを隠す機能も備えている。

 また、パーティションの作成時に利用できるさまざまなカスタムアイコンを内蔵しているほか、ステップ毎に進むシンプルなユーザーインターフェースが採用されている。旧バージョンの「VolumeWorks」のユーザーには、ダウンロードでの無償アップグレードが実施される。


出荷日・発売日 2005年7月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010705


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ