事例:万代が日本IBMの協力のもとで基幹システムを再構築

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:万代が日本IBMの協力のもとで基幹システムを再構築


掲載日:2005/06/02


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、株式会社万代が日本IBMの協力のもと、顧客へのサービスレベルと経営効率の向上を図ることを目的に、基幹システムを再構築したと発表した。

 万代では、顧客から支持される収益性の高い売り場を確立し、競争力を強化することが重要な経営課題であり、この課題の解決には、店舗毎の売り場での販売状況に加え、利益や在庫を単品で迅速かつ正確に把握し、顧客のニーズを売り場に反映できる“マーチャンダイジングプロセス”が不可欠であった。今回、ビジネスプロセスの変革からそれを支えるシステム構築/社員教育まで、エンドトゥエンドのサービスを活用し、顧客の視点で“マーチャンダイジングプロセス”の変革に取り組んだ。新たな“マーチャンダイジング”を評価する指標として、“商品のカテゴリー毎の収益性を把握する交叉比率”も導入した。

 また、ビジネスプロセスをITでサポートするために、商品マスターなどの商品関連のDBと計画検証システム、情報共有プラットフォームが連携し、ビジネス効果を創出できるように、基幹システムを再構築した。基幹システムには、日本IBMの統合アプリケーションサーバー「IBM eServer iSeries」と、株式会社テスクの小売業向けERP「CHAINS-GRIP-」を採用している。万代では、今回のビジネスプロセスの変革/新しい評価指標の導入/基幹システムの再構築により、顧客ニーズに基づいた継続的な売り場や品揃えの改善を、迅速かつ正確に行なうことができ、顧客満足度の向上と、在庫ロスや販売機会損失の軽減による収益性の向上を実現している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010671


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ