サン、サーバー向け基盤ソフトのスイート5種類などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、サーバー向け基盤ソフトのスイート5種類などを発売


掲載日:2005/06/02


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、年間利用料方式のサーバー向け基盤ソフトウエア製品群「Sun Java Enterprise System」に、使用目的に応じたソフトウエアコンポーネントに絞って再構成した5種類のスイート製品「Sun Java System Suites」を追加し、発売した。ライセンス価格は、1従業員あたり年間5600円からとなっている。

 今回発売されたスイート製品群は、基幹業務Javaアプリケーション向けの「Sun Java Application Platform Suite」、高可用性システム向けの「Sun Java Availability Suite」、メールやカレンダーなどのコミュニケーション基盤システム向けの「Sun Java Communications Suite」、アイデンティティ管理システム向けの「Sun Java Identity Management Suite」、セキュアなWebアプリケーションインフラ向けの「Sun Java Web Infrastructure Suite」の5製品。「Sun Java Application Platform Suite」は、J2EE 1.4仕様に準拠したアプリケーションサーバーを中核に、SOA(サービス指向アーキテクチャ)をベースとしたシステムの設計/開発/導入/運用管理のためのソフトウエアを統合したソリューション。「Sun Java Availability Suite」は、システムの連続運用性を高めるクラスタソフトウエアと開発ツールから構成されている。

 「Sun Java Communications Suite」は、メッセージング/リアルタイムコラボレーション/カレンダー/スケジュール管理など、安全性や信頼性を考慮したコミュニケーション/コラボレーションサービス用ソフトウエアから構成されている。シマンテック社のアンチウイルスエンジン「SAVSE」と組み合わせて、サーバー側でのウイルスチェックを構成することができる。「Sun Java Identity Management Suite」は、顧客や従業員/職員などのアイデンティティ情報の安全な利用/共有/管理のためのソフトウエアから構成されている。「Sun Java Web Infrastructure Suite」は、アプリケーションサーバーやWebサーバーなどの基本的なソフトウエアに加え、Webベースのシステム構築のためのシングルサインオンを実現するソフトウエアも含まれている。

 また同社は、「Sun Java Enterprise System」に7種類のコンポーネントを追加した新版「Sun Java Enterprise System 2005Q1」も、発売した。ライセンス価格は、1従業員あたり年間1万9000円(スタンダード・サポート込み)からとなっている。追加されたコンポーネントは、情報セキュリティ向上のためのアイデンティティの統合管理が行なえる「Sun Java System Identity Manager」と「Sun Java System Directory Server Enterprise Edition」、UMLモデリング機能などを装備するJavaアプリケーションプログラムの統合開発環境「Sun Java Studio Enterprise」などとなっている。


出荷日・発売日 2005年6月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010669


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発言語 > 開発言語のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ