日立システム、連結経営の可視化を実現するパッケージなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立システム、連結経営の可視化を実現するパッケージなどを発売


掲載日:2005/06/02


News

 株式会社日立システムアンドサービスは、EPM(Enterprise Performance Management:企業パフォーマンス管理)ソリューションを構成するパッケージとして、ベリングポイント株式会社と共同開発した「連結パフォーマンス経営QuickStart Package」と、戦略策定からKPIの設定/モニタリングまでを支援する「バランス・スコアカード導入支援パッケージ」を、6月1日より順次発売する。

 「連結パフォーマンス経営QuickStart Package」は、ベリングポイントと共同で、連結管理会計に必要となる帳票を標準テンプレートとして開発し、連結管理会計の基本的な分析機能を最短2.5ヵ月で構築可能とした連結経営情報パッケージ。ビジネスオブジェクツのWebベース製品「BusinessObjects Web Intelligence」を活用して提供される。連結経営導入の豊富なコンサルティングノウハウを持つベリングポイントと、BIシステム構築において実績と技術力を持つ日立システムの協力により、ユーザーが求める連結管理会計に必要な機能を迅速に実現することができる。価格は個別見積で、標準構成価格は約2200万円となっている。

 「バランス・スコアカード導入支援パッケージ」では、日立システムが実践しているバランススコアカード導入プロジェクトの経験をもとに、ユーザーのバランススコアカード(BSC)導入と展開のコンサルティングから、BSC運用の情報インフラ構築までを総合的にサポートする。BSC関連製品として、ハイペリオンの「Hyperion Performance Scorecard」や、マイクロソフトの「Microsoft Balanced Scorecard Framework」と技術提携したサービスが提供される。価格は個別見積で、標準構成価格は約2500万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

「日立システム&サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

ZeeM 会計 【クレオ】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 毎月定額の請求業務を自動化、確実な代金回収まで可能になるサービスとは 【ラクーン】 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】 経理部門にも「働き方改革」、バックオフィス業務の効率化にERPが役立つ理由 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 毎月定額の請求業務を自動化、確実な代金回収まで可能になるサービスとは 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010668


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ