アボセント、バーチャルメディア機能搭載のKVMスイッチを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アボセント、バーチャルメディア機能搭載のKVMスイッチを出荷


掲載日:2005/06/02


News

 日本アボセント株式会社は、バーチャルメディア機能を搭載したデジタルKVMスイッチ「DSR」シリーズ4機種を、6月中旬より出荷する。価格は、デジタルユーザー数が1ユーザーの「DSR1030」が71万9000円、2ユーザーの「DSR2030」が89万9000円、4ユーザーの「DSR4030」が134万9000円、8ユーザーの「DSR8030」が152万9000円となっている。

 今回出荷される4機種では、バーチャルメディア機能を搭載しており、手元のCDドライブなどがあたかもリモートのサーバーに接続されているように機能する。CDからのファイル転送、OSインスタレーション、パッチのマネジメントなどに利用することができる。これにより、マシンルームやサーバールームでの作業回数が減少するほか、物理的な人的情報漏えい対策にもなる。また、リモートコントロールにより離れた場所にあるサーバーのCD管理不能状態を減少することもできる。さらに、ITスタッフの集中管理を図り、出張を削減することも可能となる。

 なお、同社の「DS」シリーズは、セキュリティを確保した一元集中管理で問題の発見から解決までを実現するリモート運用管理ソリューション。セキュリティを確保しながら1つの画面で操作できる“外部認証方式”を採用している。これを実現する管理ソフトウエア「DSView3」は、Active DirectoryやLDAP、LDAPS databaseを含むネットワークインフラと互換性があるため、データセンター機器へのユーザー認証や設定、アクセスを容易に管理することができる。同ソフトウエアは、「Ver3.1」からLANDesk社の「Server Manager」やIpswitch社の「WhatsUp」との連携が組み込まれている。


出荷日・発売日 2005年6月中旬 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010660


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ