富士通、仮想化技術対応のバーチャリゼーションスイッチを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、仮想化技術対応のバーチャリゼーションスイッチを出荷


掲載日:2005/06/02


News

 富士通株式会社は、仮想化技術を採用したバーチャリゼーションスイッチ「ETERNUS VS900」を、6月30日より出荷する。価格は、1400万円からとなっている。

 「ETERNUS VS900」は、同社のミドルウエア製品「Systemwalker Resource Coordinator V12」と連携させることで、複数のディスク装置を仮想的に1つのディスクスペースにできる製品。これにより、ディスク装置の物理構造を意識せずにディスクスペースを設計/管理可能で、業務毎に設定していた予備のディスクスペースを共有することができる。また、ディスク装置の追加やデータの移行を、サーバーの定義を変更せずに業務運用中に行なえるほか、仮想ストレージ内では、異なるディスク装置間でも業務運用中にデータをバックアップすることが可能となる。仮想ストレージは最大3.5ペタバイトまで拡張することができる。

 「Systemwalker Resource Coordinator」により、仮想ストレージを構成する複数のストレージ装置を1台の端末で管理でき、データの移行やディスク増設などの管理を統合的に行なうことができる。また、バックアップ/リストアや複製の処理を一括管理できるソフトウエア「Softek AdvancedCopy Manager」との連携も可能となっている。装置内の電源やファンなどのコンポーネントは二重化されており、さらに「ETERNUS VS900」を多重化することで、より信頼性を高めた仮想ストレージシステムを構築することができる。


出荷日・発売日 2005年6月30日 出荷
価格 14,000,000円〜

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

データ管理の在り方を変える NetAppの新たな展望 【ネットアップ】 バックアップの概念を変える、VMware Virtual SAN と VxRail 【EMCジャパン】 SANsymphony-V 【データコア・ソフトウェア】 セキュリティ分析の精度を高める「コールドストレージ」活用術 【レッドハット】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
オンプレミスでもクラウドでも、プラットフォームに縛られず、データを自由に移動し活用したい――そんなニーズをかなえる新しいデータ管理手法を紹介する。 ITインフラの在り方を大きく変える可能性を持つ「ハイパーコンバージドインフラ」。だが日本ではまだ慎重な企業が多い。ITインフラ運用がどのように変わるのかを紹介する。 ストレージ仮想化という新しい価値観を提供するSoftware-Defined Storage製品。ストレージをハードウェアの制約から開放し、性能、容量、運用とコストを高次元で最適化。 セキュリティ分析の精度を高める「コールドストレージ」活用術

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010654


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ