事例:UDB LINUXのLinux検証施設で「Novell SUSE LINUX」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:UDB LINUXのLinux検証施設で「Novell SUSE LINUX」を採用


掲載日:2005/06/01


News

 ノベル株式会社、ニイウス株式会社、ユーディービィー・リナックス・ジャパン株式会社の3社は、UDB LINUXジャパンの検証施設「UDB LINUXジャパンLinuxセンター」でノベルの「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」が採用され、エンタープライズ向けの検証センターとして稼働したと、発表した。

 UDB LINUXジャパンは、ニイウスのグループ会社でLinux事業を手掛けており、ノベルの“Goldパートナ”としてエンタープライズ向けLinuxソリューションを提供している。2005年1月にはLinux専用の検証施設「UDB LINUXジャパンLinuxセンター」を開設していた。今回、「Linuxセンター」に「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」を導入したことで、企業向けLinux検証環境が強化され、信頼性の高いエンタープライズLinuxソリューションの提案が可能となった。

 これを機に、UNIX/AIX 5L/Linuxエントリーサーバー「IBM eServer pSeries p5モデル520」と、業界標準に準拠し柔軟なプラットフォームを提供する「IBM eServer OpenPower」も導入し、検証環境を強化した。さらに、Linux環境での集中的なソフトウエアマネジメントを実現する「Novell ZENworks Linux Management」と、エンタープライズ向けLinuxデスクトップ「Novell Linux Desktop 9」も導入し、検証済みソリューション導入のためのデモ/検証環境が提供される。

 今後「Linuxセンター」では、ノベルが提供しているその他のLinux製品ラインとパートナー企業の各種ハードウエア/ソフトウエアを活用し、性能検証や接続検証、導入後の問題解決やソリューションのデモンストレーションを行なっていく。

 なお「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」は、Linuxカーネル2.6に対応したエンタープライズ向けLinux OS。さまざまなオープンソースソフトウエアのインストール/アップデート/管理を統一された操作で実行できる統合管理ツール「YaST」を搭載しているほか、単一のコードベースでPCサーバーからメインフレームまで7つのプラットフォームに対応する「AutoBuildシステム」を備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010652


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ