プロサイド、Opteronを4台搭載できるストレージサーバーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プロサイド、Opteronを4台搭載できるストレージサーバーを発売


掲載日:2005/06/01


News

 プロサイド株式会社は、Opteronプロセッサを4台搭載可能な大容量ストレージサーバー「AmazeBlast mss710」を、発売した。基本構成価格は、358万円(税込)からとなっている。なお構成は、BTOで変更することが可能となっている。

 「AmazeBlast mss710」は、5Uのラックマウント型サーバーに最大24台のハードディスクを搭載することができる。400GBのハードディスクを採用することで、最大9.6TBのストレージサーバーとなる。また、CPUには64ビット環境を構築可能なOpteronプロセッサを4台まで搭載することができ、メモリー容量は最大32GBとなっている。


出荷日・発売日 2005年5月31日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準 【ネットアップ】 サーバの集約でTCOを50%削減、ニコンイメージングを支える新ストレージとは 【日本ヒューレット・パッカード】 主要オールフラッシュ2製品を徹底比較、OLTPなど高負荷での性能の違いは? 【EMCジャパン】 フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? 【ネットアップ】 データセンターのボトルネック解消へ、SANのフラッシュ化に必要な3つのポイント 【ネットアップ】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
オールフラッシュアレイ導入のヒント、これだけは知っておきたい5つの評価基準 サーバの集約でTCOを50%削減、ニコンイメージングを支える新ストレージとは 主要オールフラッシュ2製品を徹底比較、OLTPなど高負荷での性能の違いは? フラッシュアレイをプライマリストレージに導入すると、何が変わるのか? データセンターのボトルネック解消へ、SANのフラッシュ化に必要な3つのポイント

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010648


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ