事例:ヤナセがCRCのフルアウトソーシングサービスを活用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ヤナセがCRCのフルアウトソーシングサービスを活用


掲載日:2005/06/01


News

 ミラクル・リナックス株式会社と株式会社CRCソリューションズは、株式会社ヤナセに、ワンストップのフルアウトソーシングサービスを提供したと、発表した。

 ヤナセは、輸入車メガディーラーで、さまざまな情報プラットフォームの整備を2004年より行なってきた。その一環として、CRCデータセンターへのシステムの移行を2005年1月に完了させ、Windowsドメイン認証対象者を既存の3000名から全従業員6000名へと倍増させることを計画した。また同時に、既存情報システムのWindows NT 4.0サーバーがサポート終了となり、アップグレードによるライセンスコストの負担回避とウイルスに対する耐性などから、Linuxによるシステム構築も検討した。その結果、運用後の管理負荷の削減までをトータルに視野に入れ、CRCのアウトソーシングサービスを利用することにし、Windowsログオン認証とメールサーバーへのログイン認証をLDAPとSambaにより一元化することを決定した。

 ヤナセは、情報プラットフォームをCRCデータセンターへ移行する際のトータルコストを抑えることを1つの目標としていた。LDAPとSambaによる認証サーバーの構築により、Windowsログオン認証とメール認証の一元化による認証管理コストの削減およびライセンス費用の削減を実現した。認証サーバーの構築では、設計をCRCが担当し、それに基づいて認証システムの構築と認証データの移行をミラクル・リナックスが担当した。認証サーバーのOSには、Sambaとの親和性や日本語対応などの理由から、「MIRACLE LINUX V3.0 - Asianux Inside」が選定された。

 なお、既存システムのWindows NT 4.0サーバーからデータを移行する必要があったこと、Windowsドメイン認証対象者約6000名/メールアカウント認証対象者約4000名という大規模システムであったことから、ミラクル・リナックスのWindowsからの移行に関する実績や蓄積ノウハウを評価していた。またヤナセは、メールサーバーなどのインフラ環境を自社で持たずにCRCのサービスを利用し、CRCのマネージドファイアウオールサービス、マネージドホスティングサービス、運用監視サービス、インターネット接続などのISPサービス、データセンターファシリティなどをフルアウトソーシングで活用した。

 CRCのアウトソーシングサービスを利用することによりヤナセは、自社で資産を持たず、運用の負担も少なくなり、ランニングコストを抑えることが可能となった。移行の結果、インターネットアクセスのレスポンスが改善したほか、Windowsドメイン認証サーバーのOSの変更に関しては、移行後に利用者のPC環境を変更せずに、スムーズに移行を完了した。さらに、ライセンス費の削減により、初期費用を抑えつつシステムの利用者を増やすことができ、運用についても認証の一元化による管理負荷の削減に加え、認証サーバーと従業員データベースとの自動連携の仕組みを構築し、認証データの更新はメンテナンスフリーの形で実現した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010644


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ