富士ゼロックスとCAC、文書管理関連サービスの新会社を設立

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックスとCAC、文書管理関連サービスの新会社を設立


掲載日:2005/06/01


News

 富士ゼロックス株式会社と株式会社シーエーシーは、両社がそれぞれ得意とする文書管理と基幹業務を融合したアウトソーシング事業の展開を目指し、そのサービス全般の運用を担う合弁会社「株式会社クロスフォース」を設立することで合意したと、発表した。

 「クロスフォース」は、新サービスの検証や、サービスレベルの維持などプロジェクトマネジメントレベルの要員を中心に構成される。提供するサービスは、電子文書などの管理サービスとシステム運用に関する設計/実装や、電子文書などの管理サービスの運用代行などとなっている。運用代行では、情報システムの運用/管理/保守や、顧客問い合わせ対応(コールセンター)、文書の電子化(入力)と保管などを行なう。

 富士ゼロックスとCACは、それぞれのユーザーから受注するソリューション/サービス受託案件について、業務の最適化を図るためのシステムの設計/構築を行なう。「クロスフォース」は、これらソリューション/サービスに関する運用全般をワンストップで実施する。ユーザー毎のサービスの実装やオペレーションの実務はCACが請け負う。「クロスフォース」は、富士ゼロックスの連結子会社となり、7月より営業を開始する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

SaaS型文書管理・ワークフローサービス Documal SaaS 【富士通】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 Windows Server 2008サポート終了までにやっておきたい、ファイルサーバ移行「GDMS」 【ジャストシステム】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
インターネット環境があれば、どこからでも利用できる、SaaS型の文書管理・ワークフローサービス。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート終了が2020年1月14日に迫っている。残された時間を、ファイルサーバを見直す最大のチャンスと捉えよう。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をPCで操作でき、ネットワーク経由でのやりとりを可能にすることで、業務を効率化する。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20010642


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ